― Double Cross The 3rd Edition ―

《巨人の影》について

▼《巨人の影》
BC.p.68。
あなたがオーヴァードに1点でもHPダメージを与えた際に使用する。
そのシーンの間、選択したエフェクトのレベルを+2する。

▼《オーバードーズ》
EA.p.117。
組み合わせたエフェクトすべてのLVを+2する。
この時、LVの上限を超えてもよい

《巨人の影》は効果で最大レベルを超えられず、普通に使うと取得経験点15で10点分の働きしか出来ない残念エフェクトです。
今までは戦闘・非戦闘で別々のエフェクトレベルを+2して20点分の働きを期待してきました。
ただ、それ以外の使い道がないわけではない。

▼【亜純血】
LM.p.73。
ピュアブリードのエフェクトをひとつ、1レベルで取得する。
このエフェクトは経験点を使用して成長させることはできない

▼【転生者】
LM.p.71。
エフェクトひとつを選び「最大レベル-3」で取得する。
この効果で取得したエフェクトのレベルを経験点を消費して上昇させることはできない。

【亜純血】で取得するピュアエフェクトは成長以外の方法で最大レベルまで上昇させることができます。
最大レベルまでならレベルを上げられる《巨人の影》の出番じゃんってことです。
一方の【転生者】は「経験点を使用」が《巨人の影》の取得経験点15を含むか、「成長」と「上昇」は表記ブレかでそれぞれ可否がわかれます。
おそらく【亜純血】の表記ブレだし同じくできると思いますが、仮に出来ても目当てのエフェクトがない、辛い。

《巨人の影》は使用回数を増やせませんから【亜純血】で取りたい効果的なエフェクトも限られてきます。
エンジェルハイロゥ
《光の裁き》:ダイス増強、シナリオ1回
バロール
《黒星の門》:ダイス増強
ブラックドッグ
《フラッシングプラズマ》:ダイスデバフ、シナリオ1回
ブラム=ストーカー
《紅の王》:消費HP操作
《滅びの遺伝子》:HPダメージ、シナリオ1回
キュマイラ
《剛身獣化》:装甲・攻撃力増強
エグザイル
《がらんどうの肉体》:HPダメ減少、ラウンド1回
ノイマン
《常勝の天才》:他者火力増強、シーン1回
オルクス
《支配の因子》:攻撃力デバフ、シナリオ1回
《絶望の領域》:ダイスデバフ、シナリオ1回
サラマンダー
《結合粉砕》:ダイス増強
《閃熱の防壁》:HPダメ減少、ラウンド1回
ウロボロス
《統制者の王冠》:侵蝕基本値減少

《巨人の影》の使用条件に15~55点かかるので低係数・ダイス操作・ペナルティ系のエフェクトは割に合いません。
候補になりそうなのは固定ダメを押し付けられる《滅びの遺伝子》《常勝の天才》の2つ。
今回は《常勝の天才》に着目してみます。
クロスでも《巨人の影》を使うと《常勝の天才》のレベルが3, 4、ピン刺しでも実用的な支援になりそうです。

というわけで、以下でピュアノイマンとノイマン/ウロボロス【亜純血】の性能を比較してみました。
当然《常勝の天才》だけに着目するならピュアノイマンが一番なので、《常勝の天才》のレベルを揃えて火力にどこまで差がつくかを見ます。
《巨人の影》は《常勝の天才》が他者増強なのを逆手に取り、高行動値から全pc中最速で攻撃して真正面から使用します。
そのため、《常勝の天才》のピン刺し支援と攻撃を兼用するトリッキーな形になります。
《尾を食らう蛇》は対象違いで使用不可。《背徳の理》《極限暴走》+《バーサークセルフ》 or アフターライフ暴走剣は経験点が嵩む、精神ダイスが十分ある、ダイスに点数を割いていてはピュアに火力すら太刀打ちできない等の理由で不採用です。
おかげで火力に点数を回せますが、戦闘以外で情報収集・調達向きエフェクトに《巨人の影》を使用できないデメリットが生じています。
経験点は130点、両方のビルドは条件を合わせて行動値14範囲(選択)至近RC、余剰経験点は0、HP・サプリ記述は省略します。
シンドローム:ノイマン
能力値:肉体1 感覚1 精神6 社会2
ワークス:UGNエージェントA
行動値:14
Dロイス:イフリートの腕《災厄の炎》5
《Cノイマン》3
《虚構のナイフ》5
《常勝の天才》3
《灰色の脳細胞》
侵蝕率60%  命中期待値+28.2、ダメ期待値46.5、常勝バフ+12
侵蝕率100% 命中期待値+30.8、ダメ期待値58.0、常勝バフ+16

シンドローム:ノイマン/ウロボロス
能力値:肉体1 感覚1 精神6 社会1
ワークス:UGNエージェントC
行動値:14
Dロイス:亜純血《常勝の天才》1
《Cウロボロス》3
《赤:災厄の炎》5
《虚構のナイフ》3
《灰色の脳細胞》
《巨人の影》
《灰:闘争の渦》(自由枠)
侵蝕率60%  命中期待値+28.2、ダメ期待値40.5、常勝バフ+12
侵蝕率100% 命中期待値+30.8、ダメ期待値52.0、常勝バフ+16

命中は同値、火力差は《虚構のナイフ》2レベル分の6がそのまま出ている感じです。
注目すべきはノイウロが6ダメを犠牲に獲得した15点の自由枠で、拡張性が高いです。
上記では《闘争の渦》で他者のエフェクトもしくは《常勝の天才》4の使用回数回復=2ラウンド目の使用を可能にしています。
ピュアノイマンでエフェクト回数回復は不可能なため、今までにない特異かつ強力な動きです。
《常勝の天才》7に成長できるピュアノイマンはシンプルで強力、侵蝕効率も良いですが、《巨人の影》を使うことで近い数値を維持しつつ別方向の器用な動きが出来る点は優位だと思います。
一番の難点は他攻撃pcに行動値を14以下に抑えてもらう必要があることです。

成長は《戦術》《フェイタルヒット》《ラストアクション》が共通。
ノイウロは《白:時間凍結・限界突破・マシラのごとく・ストライクモード》の攻撃的な選択肢、《虚:ハイブリーディング》によるさらなるエフェクト回数回復が期待できます。
これらを自由枠と取り換えても良いです。


▼まとめ
《巨人の影》無駄ではなさそうでした。
エラッタが来い。



▼おまけ
冒頭説明した20点分の働きを期待する今まで同様の使い方も紹介しときます。
《プライマルレイジ》《極限暴走》経由で《巨人の影》を《ブラックマーケット》に使うと毎シーン財産点20増えて消えるらしい。きも
経験点:130点
シンドローム:キュマイラ/ウロボロス
能力値:肉体5 感覚1 精神2 社会1
ワークス:UGNエージェントA
行動値:8
Dロイス:複製体《ブラックマーケット》
《Cウロボロス》3
《赤:一閃》
《プライマルレイジ》1
《ブラックマーケット》1
《背徳の理》3
《極限暴走》
《巨人の影》
アイテム:決闘者の剣
余剰経験点:5
侵蝕率60%  命中期待値+33.8、ダメ期待値42.0
侵蝕率100% 命中期待値+36.8、ダメ期待値45.0

情報収集・調達で《ブラックマーケット》、戦闘で《プライマルレイジ》に《巨人の影》を使う。
全員にパワーアシストアーマーでも配るのか?
ENUxUDAUYAALXnl.jpg
アルティメイド服辺りかなと思います。
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.