― Double Cross The 3rd Edition ―

【漆黒の波濤 死招きの爪】白兵 バロール/エグザイル

レギュレーション:130点, EA, LM, BC
シンドローム:バロール/エグザイル
能力値:肉体3 感覚2 精神2 社会2
ワークス:UGNエージェントA
行動値:6
Dロイス:遺産継承者(イフリートの腕)
基本侵蝕率:+8
《Cバロール》3
《漆黒の波濤》1
《骨の剣》5
《死招きの爪》3
《斥力跳躍》1
《先陣の火》2
アイテム:カスタマイズアイテム:エンチャント
余剰経験点:0
侵蝕率60%
《骨の剣》5《死招きの爪》3《斥力跳躍》1+《Cバロール》3《漆黒の波濤》1
6dx@7 侵蝕7+5(2回目から5)、攻撃力31、範囲(選択)、戦闘移動
命中達成値:25.7
期待時ダメ:47.5
侵蝕率100%
《骨の剣》6《死招きの爪》4《斥力跳躍》2+《Cバロール》4《漆黒の波濤》2
8dx@7 侵蝕7+5(2回目から5)、攻撃力38、範囲(選択)、戦闘移動
命中達成値:28.6
期待時ダメ:54.5
▼説明
素手+《死招きの爪》で雑魚専門の複数体攻撃するなら、エグザイルは行動値上げが下手なので、攻撃力+6しながら《先陣の火》で行動値を上げられる「イフリートの腕」と噛み合います。
追加点がある環境ならピュアエグザイルも《伸縮腕》《異形の祭典》で形になるのですが、初期作成の今回はクロスブリードを検討します。
ミドルもクライマックスも、雑魚を散らす最低限の火力は《死招きの爪》で確保できる手筈です。

相方のシンドロームを選ぶときはDロイスを使った行動値上げに必然性を持たせたい。
エグザイルと同じく行動値上げが下手なシンドロームを探すとバロール、ブラム=ストーカー、キュマイラ、モルフェウス、オルクス、ソラリス。一杯いるな。
ダイスデバフが地味に痛い《伸縮腕》《異形の祭典》を避けるために、何とかデメリット軽くて素手の複数体攻撃できる神起点エフェクト持ったシンドロームいないかあああ ⇒ バロール《漆黒の波濤》。
ラウンド1回のデメリットは誤差だと思います。

火力は雑魚狩りが精々ですが《漆黒の波濤》をずっと使いたかったので、使う理由が見つかってよかったです。
でも強いデータたちを寄せ集めたはずなのに大して火力でないあたり、素手の範囲型でミドル火力出すのは大変そうです。
近接ボスが《先陣の火》より上からエンゲージしてきたら《斥力跳躍》で雑魚エンゲージに突っ込めないため、確実を期すなら《異形の転身》にした方がいいです。
エンチャントの武器選択は素手変更後に行えば面倒な素手変更ルールに引っ掛からなくて快適だと思います。難しそうなら肉体+1しましょう。

▼成長
  • 《紡ぎの魔眼》:ミドル判定でも使える低侵蝕な万能ダイス増強
  • 《死招きの爪》4+デモンズシード:無難なミドル火力上げ
  • 《死神の手》:クライマックス用火力エフェクト
  • 《時の棺》《崩壊のスフィア》:クライマックス用御三家の首席と次席。ラウンド1回の《漆黒の波濤》を起点に採用してるので《時間凍結》は適正低めです。凍結するなら《漆黒の拳》など別途起点を取る必要あり
  • リーサルシャイン・インフィニティコロナ:点数に余裕あれば



▼裏話
LM.p.119「特殊装甲義肢」の「素手のデータが変更されても効果を適用する」記述がない「イフリートの腕」など、素手を対象とするアイテムの効果は、素手データを変更したら消えると考えています。
記述を読めばそらそうなんですけど忘れっぽいので昔まとめた記事が以下

ただ「イフリートの腕」の攻撃力+6が素手変更で消えるのさすがに可哀そうじゃない?って意見が身内でもあります。自分もそう思う。
ネットに上がってるビルドも重複する扱いばかりなので、素手変更後も持続する計算でキャラシ提出しても実際の卓では同情票で通りそうですよね。
じゃあ自分だけ縛りプレイするのも変な話ですからそういうビルドを組んでみました。イフ腕つよい~





本作は、「矢野俊作」「有限会社F.E.A.R.」が権利を有する『ダブルクロス The 3rd Edition』の二次創作物です。(C)矢野俊作/F.E.A.R.

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.