― Double Cross The 3rd Edition ―

【発明品 幽霊タクシー】交渉 オルクス/ソラリス

UG掲載の交渉技能で運転するゼノスヴィークル「幽霊タクシー」についてです。
SNSで遊んでた拍子に「形になりそう」とか根拠もなく言ってしまったので化けて出る前に形にしました。

▼幽霊タクシー
UG.p.45。
搭乗したときのデータは(中略)。
搭乗している間、搭乗者は《ハンティングスタイル》を1レベルで取得しているものとして扱う。
この《ハンティングスタイル》は侵蝕率によるレベルアップの影響を受けない。
矢野俊作/F.E.A.R.『ダブルクロス The 3rd Edition サプリメント ユニバーサルガーディアン』三版、KADOKAWA、2018年、45ページ
※戦闘前搭乗状態は無しで考えていきます。
一見《ハンティングスタイル》も取得できて強そうに見えますが、メインプロセス中に搭乗するとその間《ハンティングスタイル》を使えないとんでも欠陥を抱えています。存在価値。
メインプロセス開始 → マイナーエフェクト宣言 → 《マルチアクション》で搭乗 → 《ハンティングスタイル》取得(未宣言) → メジャーアクション(!?)
そして仮に搭乗できたとしても行動値-5の修正が入ってきます。
ただでさえ行動値確保し辛い交渉型で行動値-5されたら戦闘移動最低値待ったなし、5mしか進まないタクシーがあるか。
極めつけにタクシーアタックに組み合わせられる交渉技能の増強エフェクトが乏しい。
《領域調整》《錯覚の香り》《テンプテーション》《夢幻の腕》・・・まだあるかもですが同等か劣ると思います。



かなり使いづらいです。
交渉運転は唯一無二なんですが肝心のヴィークルが残念性能なのとアイテム・エフェクトに恵まれない不幸。
交渉技能の大火力増強かBCコーリングシステムのエラッタが来れば扱いも変わると思います。
とはいえ穴を埋めて行けば使えないことはなさそう。
型は色々あるんでしょうが今回は《ハンティングスタイル》を何が何でも使えるようにしました。

経験点:130点
サプリ:EA, UG, PE, HR
シンドローム:オルクス/ソラリス
能力値:肉体1 感覚1 精神2 社会5
ワークス:レネゲイドビーイングA
最大HP:24
行動値:4
基本侵蝕率:+4
財産点:10
Dロイス:発明品
《オリジン:サイバー》5
《ヒューマンズネイバー》1
《縮地》5
《バックスタブ》5
《妖精の手》3
アイテム:幽霊タクシー、コーリングシステム(PE)
余剰経験点:0
侵蝕率60%
《オリジン:サイバー》5《ハンティングスタイル》1《縮地》5《妖精の手》3
6dx+10 侵蝕9(以降6)、攻撃力30
命中期待値 +32.2
ダメ期待値 +52.0

▼説明
先の通りマイナー搭乗が罠なので【発明品】でPEのコーリングシステムを取得。
搭乗後の戦闘移動5m問題とタクシー起点の火力不足問題を《縮地》《バックスタブ》で解決。
《ハンティングスタイル》の存在価値を15点分に戻すため《オリジン:サイバー》の固定値で当てに行く方針に決定。マイナーエフェクトなら何でも良かった。固定値は裏切らない
余った経験点を《妖精の手》に注いで命中達成値を確保。残経験点0。

Dロイスと15点で攻撃力5武器と移動エフェクトを確保は悪効率ですがコンセプト上仕方ない。
情報収集・調達は《オリジン:サイバー》5のおかげで余程でない限り無双できます。
セットアップ搭乗後は轢くだけ、侵蝕率が上がっても火力はほぼ変わりません。
シンドロームはオルクスが確定、もう片方は成長を見越した好みです。
《妖精の手》がファンブル知らずなので能力値気にせず本当に何でも良いです。
▼成長
交渉技能のメジャーエフェクトは貧弱、マイナーエフェクトも2回目以降は《縮地》の邪魔なのでそれ以外が望ましいです。
《力の法則》《力の霊水》:他力本願火力増強。
《活性の霧》:セットアップで複数アイテム・エフェクト併用可な卓なら。個人的に併用可派です。
《妖精の輪》:サイバーと合わせてミドル達成値31以上確定。
《間隙の魔術師》:他に白兵型がいたら。
《カバーディフェンス》:タクシー装甲生かすなら
《タブレット》《多重生成》+α:よほどの高経験点卓なら。





幽霊タクシーで瞬間移動してくるオリジンサイバーの現代怪異感。

d20337-109-660598-2.jpg

『どちらまで?』















運転手いないらしいですよ。




本作は、「矢野俊作」「有限会社F.E.A.R.」が権利を有する『ダブルクロス The 3rd Edition』の二次創作物です。(C)矢野俊作/F.E.A.R.

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.