― Double Cross The 3rd Edition ―

【悪食の蛇 灰燼に帰すもの】RC ウロボロス

レギュレーション:130点,EA, LM, HR
シンドローム:ウロボロス
能力値:肉体2 感覚2 精神4 社会1
ワークス:UGNエージェントD
行動値:8
Dロイス:傍らに立つ影《魔獣の衝撃》1
技能:<RC>3<情報>2
《Cウロボロス》3
《喰らわれし贄》5
《灰燼に帰すもの》5
《悪食の蛇》1
《尾を喰らう蛇》1
余剰経験点:0
侵蝕率60%
《尾を喰らう蛇》1《喰らわれし贄》5 + 《Cウロボロス》3《魔獣の衝撃》1《灰燼に帰すもの》5
6dx+3@7 侵蝕5+9、攻撃力45、対象単体、射程視界、メインプロセス終了時喰らわれし贄解除、HP1d10失う命中達成値:30.7
期待値ダメ:67.0
侵蝕率100%
《尾を喰らう蛇》2《喰らわれし贄》6 + 《Cウロボロス》4《魔獣の衝撃》2《灰燼に帰すもの》6 
9dx+3@7 侵蝕5+9、攻撃力53、対象単体、射程視界、メインプロセス終了時喰らわれし贄解除、HP1d10失う
命中達成値:32.8
期待値ダメ:75.0
▼説明
灰塵ではなくです。
正確には《灰燼に帰すもの》をクライマックスのメインプロセス2回目でも使うために《喰らわれし贄》の使用回数を《悪食の蛇》で回復します。《灰燼に帰すもの》に回数制限はないです。
ミドルで1回、クライマックスで2回のシナリオ中3回使用。少しロマンかもしれない。

最初の《喰らわれし贄》は《尾を喰らう蛇》で使用します。《極限暴走》より安上がりで《レネゲイドアブソーブ》より堅実ですが、何より回数制限なしのため本ビルドでは必須です。
《灰燼に帰すもの》でオーヴァードに1点でもHPダメージを与えたら以下の順番で処理を行いメインプロセス2回目に備えます。
  1. HPダメ:《悪食の蛇》で《喰らわれし贄》の使用回数+1
  2. メインプロセス終了時:《喰らわれし贄》の効果が消える
  3. 2ラウンド目セットアップ:《尾を喰らう蛇》で《喰らわれし贄》を再使用
メインプロセス中に《喰らわれし贄》を再使用すると《灰燼に帰すもの》の効果でメインプロセス終了時に消えてしまうので注意して下さい。必ず2ラウンド目セットアップで。

《魔獣の衝撃》は命中が低いのでダイス+目当てで採用。【傍らに立つ影】経由で取得したのでウロボロスのエフェクト扱いですし《喰らわれし贄》の条件も満たします。
追加点があればダイスはストレンジフェイズで盛ればいいので、成長の《黒:ライトスピード》を使いやすいよう《無機なる四肢》など侵蝕が軽い起点エフェクトに変えた方がいいと思います(魔獣の衝撃はラウンド1回)。
そして《灰燼に帰すもの》はメインプロセス間使えるのでラウンド1回の枷が外れたら《悪食の蛇》を【申し子】《セレリティ》にした方が侵蝕2安いと思いまァす。
追加点があればセレリティ分のDロイスが空くので《尾を喰らう蛇》を使ったこれも無駄なギミックではないです。

係数3Lv5と係数5Lv5の固定値を積んだので雑に火力が出ます。ミドル火力もしっかりあるのはポイント高い。
《魔獣の衝撃》のフレーバーが殺気的なのを叩きつけるらしいです。ボスはびっくりして死んじゃうのか・・・

▼成長
  • ストレンジフェイズ《魔獣の衝撃》5:ダイス↑↑↑
  • 《白:限界突破》《黒:ライトスピード》:灰燼に帰すものはメインプロセス間使用可能。限界突破で魔獣の衝撃のラウンド間回数1⇒2
  • 《巨人の影》:ライスピ2回目から灰燼をLv+2で使用
  • 《螺旋の悪魔》《黄:活性の霧》:ウロボロスの十八番。係数3Lv7火力エフェクトはつよい





本作は、「矢野俊作」「有限会社F.E.A.R.」が権利を有する『ダブルクロス The 3rd Edition』の二次創作物です。(C)矢野俊作/F.E.A.R.

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.