― Double Cross The 3rd Edition ―

【単発シナリオ】Judgement Complex


▼レギュレーション
  • 経験点数:130+30(追加)+4(イージー)
  • ステージ:基本ステージ、K市
  • サプリ:EA, LM、PE、CE、BC
  • プレイヤー人数:2~4人
  • プレイ時間:テキセで3時間
  • シナリオのあらゆる要素を改変可


▼トレーラー
悪人は更生しない。
法の元で裁かれない悪人がいる。
誰かが、裁かなければならないだろう。

ダブルクロスThe 3rd Edition『Judgement Complex』
ダブルクロス―――それは裏切りを意味する言葉

▼合同HO
ワークス:/カヴァー:
シナリオロイス:事件の犯人
あなたたちはUGN関係者だ。
K市にて、往来に突如斬殺死体が出現する事件が相次いでいた。
レネゲイド関連の事件とR担は断定しUGNに依頼。
あなたたちはUGNの指示でチームを組み、事件解決に向け動き出す。















※※※以下ネタバレ※※※












▼キーワード
マルチビターエンド、私刑

◆あらすじ
奇妙な殺人が続くK市が舞台。
道のど真ん中で誰にも気づかれることなく通行人が両断死体に変わる。
オーヴァードによる殺人だと思ったR担はUGNに依頼、UGNはPCを派遣する。
だが調査の結果、被害者たちがどいつもこいつも糞野郎だとわかる。
UGNの意志に従い、PCは犯人を倒すか否か選択する。

オープニング(登場:全員)
本部から来たUGNエージェントに任務で呼び出される。場所はK市外れの倉庫。
◆UGNエージェント
嘘を見抜く能力と高い戦闘能力を持つ。
忙しいからPCのような協力者に任務を依頼する。
  • K市で頭から股まで真っ二つの変死体が三体。殺害方法不明
  • レネゲイド案件とR担が断定しUGNに調査を依頼
  • PCたちは調査グループを結成し事件解決に動いて欲しい
  • 増援は期待しないで欲しい
  • もしジャームでも可能な限り拘束だが、PCの安全第一でその場で処理も可
以上を伝えたら調査開始。UGNエージェントは手下の黒服モブを連れてその場を去る。

情報項目は以下。全部抜いたらK市で《ワーディング》を感じて急行する。
◆事件 難易度4
歩いていた通行人が突如斬殺死体となって地面に転がっている事件。
周囲の人間は誰一人犯行を目撃していなかった。
ワーディングで周囲含めて無力化すれば犯行は容易である。
◆被害者 難易度6
三人とも接点はないが、共通項としてロクでもない人間だった。
調べれば多くが憤りを覚え、法の元に罰せられるべきで、しかし諸々の事情で罰を免れて日常を謳歌している。

※具体的な例を羅列するとリアリティが増しますが自己責任でお願いします。
◆犯人 難易度8
十中八九オーヴァード。
シンドロームは不明だが、傷口から鋭利な白兵武器を所持している可能性が高い。
装甲を無視する類の攻撃ではなく、防具が有効そうである。
◆行方不明者 難易度5
名前はサバキ、9歳、顔写真あり。
二人目の被害者の娘で、事件から今に至るまで行方不明である。
関係各所によれば、無表情で体中に痣が有る気味の悪い子供だったという。

男と少女(登場:任意)
現場では血濡れた刀を持つ男性がチャラ男の身体を真っ二つにしていた。
その傍で行方不明者の少女サバキがチャラ男の死体を面白そうに覗き込んでいる。
◆男性(見た目20後半)
事件の犯人。サバキから「たけまさくん」と呼ばれている。
衝動憎悪のジャーム。悪人を憎んでいる。悪人以外には常識的な対応で接する。
サバキに無愛想だが、攻撃されれば抱きかかえて回避するなど守りはする。
PCを警戒はしているため、事件を妨害するあらゆる提案に耳を貸さない。
◆サバキ(女、9才)
前情報と違って年相応に明るくあどけない少女。
死体を見て笑うので異常ではある。男性を「たけまさくん」と呼び、慕っている。
男性の袖をぎゅっと握ったり男性に代わってPCに反論したり、男性に依存していてその行いを全肯定する。

男性に敵対の意志はなく、会話するなら以下を語る。
  • サバキ以外にこの空間で動ける奴がいると思わなかった
  • 被害者は殺されて当然の畜生
  • 悪人かわからないPCと戦うつもりはない。調査をやめて見逃せ
サバキは以下を語る。
  • なんでわるい人を殺したらいけないの?
  • たけまさくんはいいひと。わるい人から助けてくれた
  • たけまさくんから離れたくない
上記を通じてPCに「犯人は男性である」 「男性がたけまさくんと呼ばれている」の情報2つを伝え終えたら【???】で二人がシーンから退場する。
【???】はEロイス【囚人の鳥籠】。去り際にサバキが「またね!」と笑顔で手を振る。
会話の終わり所を見失ったら男性のお腹が鳴って帰る。
 
二人が消えると《ワーディング》も消えるので、突然現れたチャラ男の死体に周囲の野次馬が騒ぎ始める。
PCが武器を持っていれば犯人と勘違いされる。PCの反応を確認したらシーン終了
 
情報収集(登場:任意)
消えた二人について引き続き調査。

情報項目は以下。全情報項目と「トリガーシーン:殺人鬼の部屋」が終わるとクライマックスへ
◆たけまさくん 難易度8
本名は御堂 タケマサ(ミドウ・タケマサ)、28歳。所属不明。
かつて殺人事件で妻と息子を殺されている
犯人は捕まっておらず、悪人に対する態度はそこから来ていると見ていい。
オーヴァードとしてどういう状態か、これ以上調べるには直接会う必要がある。
顔と名前から住所を特定できたため、いつでも会いに行ける
◆サバキ 難易度9
《AWF》の特性を持っている一般人。
親に肉体・精神的虐待をされ続け、児相にも助けてもらえなかった過去がある。
親を殺した男性を心の底からヒーローだと思っている。
男性に懐いており、今は行動を共にしている。

殺人鬼の部屋(登場:任意)
特定した住所はぼろいアパートだった。
インターホンを押すとサバキが明るく出迎えて「オムライスをご馳走する」と中に招いてくれる。
タケマサは異議を唱えるがサバキの尻に敷かれているので最終的には不満そうに迎え入れる。

狭い一室ではタケマサとサバキが仲睦まじく暮らしている。
料理を振舞うサバキは明るく、前情報や写真の幸薄そうな雰囲気と別人のように幸せそう
ここで直接タケマサを調べると以下がわかる。タケマサはPCの調査に協力的。
◆タケマサの状態
ジャーム化している。衝動は憎悪。
衝動相手は心の底から悪人と認めた人物限定で、普段はむしろ好青年である。
とはいえ私情で人を殺す歯止めの効かない殺人鬼に変わりはない。
早急に確保し凍結処分にするか、処理する必要がある。

タケマサは悪人でないPCに普通に接し、自分の意見を正直に言う。
  • 正しいと思うことをしている
  • 自分が悪だと理解もしている。最後は自死を選ぶつもり
食べ終わってサバキが皿を洗ってる間に次の標的を殺す場所と日時をPCに伝える。
五人目は政府の元重役。こいつがどれだけの悪かPCに語って次の殺人を邪魔しないように言う。
PCの理解が得られなかったら「邪魔すれば悪人とみなす」と警告して部屋から追い出す。

アパートから出たら、ジャーム化していたタケマサを処理するか決める。
  • 別日に処理する → Aルート
  • 見逃す → Bルート
  • このシーン中に襲いかかる → Cルート
 


クライマックス(登場:全員)
◆Aルート:別日に処理する
前シーンで伝えられた場所と日時にタケマサが現れる。
(検閲済)とその家族がイタリアン前についたところでタケマサの《ワーディング》
五人目の殺人を止めるならタケマサと戦闘になる。
エネミーはタケマサ1体。対象距離5m。

《ワーディング》が解けると(検閲済)が家族と笑顔でイタリアンに入っていく。
倒した後タケマサを殺すか、身柄をどうするかはPCに一任する。  

◆Bルート:見逃す
虚偽の報告をしてもUGNエージェントは嘘を見抜ける。
犯人を見逃したことをUGNへの裏切りと受け取り、戦闘になる。
エネミーはUGNエージェントと黒服トループの2体。対象距離5m。  

◆Cルート:前シーン中に襲い掛かる
エネミーはタケマサとサバキの2体。対象距離5m。エネミーは同一エンゲージ。
サバキはタケマサをカバーリングし続け、戦闘不能になるとジャーム化して戦闘続行。

倒した後タケマサとサバキの身柄をどうするかはPCに一任する。  

 
エンディング(登場:全員)
◆Aルート:タケマサだけ処理する
エージェントから労われ、新たにサバキの保護観察を依頼される。
ぼろいアパートに会いに行くと、サバキはPCを「親から自分を助けてくれたヒーロー」だと思い込んでいる。タケマサの立ち位置がPCで上書きされた形。
タケマサのことは完全に忘れており記憶処理の痕跡が伺える。一般人の記憶処理はUGNでよくあることである。
大好きなPCにオムライスを振舞ってご満悦などとても幸せそうに描写すること。
PCの反応を見たらシーン終了。


◆Bルート:UGNを裏切る
PCはUGNに背き、追われる身となった。
数日後、殺人事件のニュースが目に入る。
大通りのど真ん中で通行人が誰にも気づかれず頭から股下まで一刀両断されていたという。
PCの反応を見たらシーン終了。
サバキと電話など彼らと連絡を取れてもいい。以前と変わらず意志は固い


◆Cルート:タケマサとサバキを処理する
エージェントから大いに労われ、R担の面々からも拍手喝采を受ける。
その場のテレビで、別事件の殺人犯が精神鑑定で不起訴になったニュースが流れる。
PCの反応を見たらシーン終了。
PCに聞かれたらR担は「あれはしょうがない」と納得を示す。


エネミーデータ
あくまで一例です。好きに弄って下さい。
◆御堂タケマサ
HP:60×PC数
シンドローム:ハヌマーン/ノイマン
行動値8
装甲5
アイテム:滅びの刃
ロイス:【囚人の鳥籠】
《Cノイマン》3《コンバットシステム》4
13dx-2@7 攻撃力20(15)
《かまいたち》 射程視界、攻撃力-5
《獅子奮迅》4 範囲(選択)
《ブリッツフリーク》 イニシにメインプロセス
13dx 《切り払い》《コンバットシステム》4 ガード値6
◆UGNエージェント
HP:60×PC数
シンドローム:ブラックドッグ/エグザイル
行動値12
装甲12
アイテム:レジェンドウェポン、特殊装甲義肢、EXパスファインダー、バトルマニューバ×3
《サイバーアーム》1《強靭骨格》5《ハードワイヤード》3
《自在刃》《イオノクラフト》《堕落の爪》5 素手ガード値を攻撃力に+、戦闘移動
《スタンボルト》
7dx+6 攻撃力+37、1ダメ:放心・侵蝕+5
7dx+6 《ゲットダウン》 ガード値16

◆黒服モブ(トループ)
HP60
シンドローム:エンジェルハイロゥ/モルフェウス/バロール
行動値13
装甲1
《シャイニングアーム》《光芒の疾走》《光の舞踏》《漆黒の波濤》
10dx+4 攻撃力11、範囲(選択) イベイション15
◆ジャーム:サバキ
HP60
シンドローム:キュマイラ
行動値3
装甲10
【野獣本能】《完全獣化》5《ハンティングスタイル》3《破壊の爪》2《歴戦の獣牙》5
肉体ダイス+7、戦闘移動、素手ダメ+10、素手ガード+1
《Cキュマイラ》3《鬼の一撃》2《増腕》3
16dx+4@7 攻撃力+25、ガード時:ダメ+10、範囲(選択)
《軍神の守り》 カバーリング
雑談
一年前に書いたシナリオです。
テーマは「私刑」
回すとお通夜みたいになります。今まで公開しなかった理由は察して下さい。

参考:装甲悪鬼村正、ブラックジャック





本作は、「矢野俊作」「有限会社F.E.A.R.」が権利を有する『ダブルクロス The 3rd Edition』の二次創作物です。(C)矢野俊作/F.E.A.R.

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.