― Double Cross The 3rd Edition ―

【2021メルトアウェイ】射撃 エンジェルハイロゥ/モルフェウス/ソラリス

 昔の《メルトアウェイ》ビルドがあまりに雑だったので。



レギュレーション:130点、EA、HR、BC
シンドローム:エンジェルハイロゥ/モルフェウス/ソラリス
能力値:肉体1 感覚6 精神1 社会1
ワークス:UGNエージェントB
行動値:13
Dロイス:遺産継承者(雷神の鎚)
《Cソラリス》3
《痛みの水》4
《メルトアウェイ》4
《活性の霧》4
アイテム:サイドリール(選択枠)
余剰経験点:0
侵蝕率60%
《活性の霧》4《Cソラリス》3《痛みの水》4《メルトアウェイ》4
7dx+4@7 侵蝕9、攻撃力38+1d10、対象:単体、ガード値-10、HP3失う
命中達成値:31.2
期待値ダメ:65.5
侵蝕率100%
《活性の霧》5《Cソラリス》4《痛みの水》5《メルトアウェイ》5
9dx+4@7 侵蝕9、攻撃力45+1d10(+2d10)、対象:単体、ガード値-10、HP3失う
命中達成値:33.8
期待値ダメ:72.5(83.5)
▼説明
 あまりにも無難
 RC型は同じシンドロームに《ツインバースト》という強力すぎるライバルがいるので射撃型に逃げて来るまでは同じ。
 「劣悪な火力効率の前提条件に点数を割いて《メルトアウェイ》で不安定な追加効果を得るよりシンプルな《活性の霧》の方がいいよね?」に対する答えは両方採用することです。ガブリアスとフライゴンです。
 この時点で侵蝕9とそこそこあって、射撃型はDロイスとサイドリールで侵蝕を抑えて攻撃力を上げやすいため単体型です。
 行動値13あるのでサイドリールを《ギガンティックモード》に変えて範囲型も可能です。感覚射撃型は万能。

▼成長
 トライブリードは成長先が少ないので130~160点ほどの低経験点帯が主な活躍の場です。
  • 《ギガンティックモード》:高い行動値を生かせるようになります。
  • 感覚+2:範囲マンをやるなら行動値が少し足りないので
  • <射撃>9:命中は大事





 射撃型には《係数2起点エフェクト》1《移動エフェクト》1レッドテンペストというお手軽構成があります。起点が係数2かはひとまず置いておきます。
 《メルトアウェイ》のガード値-10が全て通るときは珍しいと思うのでガード値-5で考えると、侵蝕99%以下ではピュアソラリスでもレッドテンペストの火力効率に勝てません。
  • 99% 《痛みの水》4《メルトアウェイ》4 → 21/60 = 0.350、トライ
  • 99% 《痛みの水》5《メルトアウェイ》5 → 25/70 = 0.357、クロス
  • 99% 《痛みの水》7《メルトアウェイ》7 → 33/90 = 0.367、ピュア
  • 99% 《小さな塵》1《光芒の疾走》1レッドテンペスト → 24/65 = 0.369
  • 100% 《痛みの水》5《メルトアウェイ》5 → 25/60 = 0.417、トライ
  • 100% 《痛みの水》6《メルトアウェイ》6 → 29/70 = 0.414、クロス
  • 100% 《痛みの水》8《メルトアウェイ》8 → 37/90 = 0.411、ピュア
  • 100% 《小さな塵》2《光芒の疾走》2レッドテンペスト → 26/65 = 0.400
 100%以上だとレッドテンペストを上回り、トライブリードが一番効率が良くなります。今回トライブリードにした小さな理由です。大きな理由は、ソラリスのクロス、ピュアだと命中ダイスを別途稼ぐか《ディストーション》する必要が出てくるからです。ピュアソラリスなら蛇王の外套を使って《痛みの水》の取得可能な最大レベルを落としそうですが、その場合Dロイスで雷神の鎚の効果が得られなくなるのでデメリットの方が大きいです。

 かなり雑に比較していて、《活性の霧》など他エフェクトの取得可能な最大レベルも考えると上記だけでトライブリードが一番と言うのは浅はかです。レッドテンペストの強みは武器攻撃力の高さだったり、デメリットのHP1d10失うは見た目以上に重いなど、一概に比較できるものでもないです。細かい話をすると比較の経験点に差あります。《痛みの水》を採用するのは水を使った演出をしたいときだと思うので、そのときレッドテンペストはほぼ需要がなくて逆も然りなど演出の差もあります。
 ただあまりにお手軽なのでゴネました。特にオチはないです。



2期待ってます





本作は、「矢野俊作」「有限会社F.E.A.R.」が権利を有する『ダブルクロス The 3rd Edition』の二次創作物です。(C)矢野俊作/F.E.A.R.

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.