― Double Cross The 3rd Edition ―

【歩く棺桶】《ヘヴィギャロップ》【重いだけ】

2019/03/27:FAQ(エラッタ)追加されましたね。

Q:〈運転〉技能や《ヘヴィギャロップ》を使用してヴィークルで攻撃した場合、攻撃に使用した武器を参照するデータはどのように処理を行えばよいですか?
A:ヴィークルで攻撃を行なった場合、使用したヴィークルを武器として処理を行なってください。たとえば、もし《ギガンティックモード》を組み合わせていた場合、攻撃後にヴィークルは破壊されます。



バッドシティより、《ヘヴィギャロップ》のおかげでメジャーアクション限定ですがヴィークルと白兵エフェクトの組み合わせが現実的になりました。話聞いた瞬間は

ev250_銀星号リバースエノシマインパクト.png


「銀星号!銀星号作れる!」

てテンション上がってましたが、落ち着くと色々気になってきます。
主に表記がバトルトレーラーに引き続き意味不明、「<白兵>で使用できる」って・・・「<白兵>で」って何を差してるんだよ!?好意的に受け取れば基本ルルブp261の<運転:>技能を<白兵>技能に置き換え可ってことなんでしょうけど。このガバガバが下の方でごちゃごちゃ言う原因になります。
ヴィークルを武器可するという、説明文から絶対読み取れない上にDX3のルールを揺るがすとんでも効果でした。
組み合わせられる<白兵>技能エフェクトは以下、「EA HR RW CE BC RU LM」 から抜粋、長いです。

ー:火力増強

▼エンジェルハイロウ
《ガラスの剣》
《光速の剣》
《見えざる死神》
《光の舞踏》
《デトネイトチャージ》
《死点撃ち》
《無貌の亡霊》

▼バロール
《巨人の斧》
《漆黒の拳》
《重力の手枷》
《瞬速の刃》
《魔人の弩》
《漆黒の波濤》

▼ブラックドッグ
《アームズリンク》
《アタックプログラム》
《雷の牙》
《スタンボルト》
《バリアクラッカー》
《ハイマニューバ―》
《スパークウェッジ》
《ライトニングリンク》

▼ブラム=ストーカー
《渇きの主》
《鮮血の一撃》
《かりそめの剣士》
《亡者の一撃》
《朱色の大斧》
《災いの魔剣》
《亡者の爪牙》

▼キュマイラ
《鬼の一撃》
《グラップル》
《獣の殺意》
《獣の力》
《大蛇の尾》
《飛礫》
《深き傷痕》
《吹き飛ばし》
《銘なき刃》
《神獣撃》
《獣の王》
《増腕》
《血に飢えた跳躍》
《怪獣撃》
《パワースイング》
《獣王の力》
《飢狼の顎》

▼エグザイル
《妖の招き》
《埋め込み》
《エンタングル》
《オールレンジ》
《踊る髪》
《吸収》
《伸縮腕》
《爪剣》
《貫きの腕》
《貪欲なる拳》
《ブレインハック》
《命の剣》
《ジャイアントグロウス》
《死神の爪》
《死神の精度》
《怒涛の大蛇》
《死神の手》
《ラバーアームズ》
《吸血剣》
《逃れ得ぬ腕》
《ハードスパイク》

▼ハヌマーン
《一閃》
《音速攻撃》
《かまいたち》
《獅子奮迅》
《疾風剣》
《浸透撃》
《ソニックブーム》
《吠え猛る爪》
《居合い》
《鉄風乱舞》
《風鳴りの爪》
《大裁断》

▼モルフェウス
《インスタントボム》
《カスタマイズ》
《ギガンティックモード》
《ジェノサイドモード》
《ペネトレイト》
《ライトウェイモード》
《咎人の剣》
《ブルータルウェポン》
《ブラストフォーカス》


▼ノイマン
《ガードクラッシュ》
《急所狙い》
《コンバットシステム》
《デュアルデュエル》
《抜き打ち》
《崩壊の一点》
《マルチウェポン》
《マルチターゲット》
《カウンター》
《戦神の祝福》
《ヴァリアブルウェポン》
《エクスマキナ》
《アナトミックラスト》
《即席武器》
《病める探求》
《キリングアート》

▼オルクス
《形なき剣》

▼サラマンダー
《紅蓮の衣》
《フレイムタン》
《炎の刃》
《アマテラス》


▼ソラリス
《罪人の枷》
《腐食の指先》

▼ウロボロス
《シャドースクラッチ》
《背教者殺し》
《張子の戦道具》
《背教者の王》
《暴食の神蛇》
《猛り喰らうもの》
《シャドーテンタクルス》

オルクスくん・・・。
バトルトレーラー追加の時と使いそうなエフェクトは変わらないですね。
《ヘヴィギャロップ》くんは初期作成でそれを行えるようにしたのが偉いけど


《飛礫》《インスタントボム》《即席武器》
攻撃中のヴィークルは武器なので組み合わせる意味がなくなりました。
ヴィークルは武器じゃないから攻撃力を足せます。《インスタントボム》は装甲無視と火力増強を兼ね備えた《クリスタライズ》互換エフェクトに昇華します。


《一閃》《シャドーテンタクルス》
マイナーで搭乗できるようになる。とはいえ《運転起点》+《マルチアクション系》と《ヘヴィギャロップ》《一閃orシャドー》を比べても使用経験点は同じでダイスペナが付いた分、ビルドとして悪化してる。バフデバフ白兵エフェクトを採用しない限りこの動きにそこまでの価値はない。
2020/0413:ヴィークルは行動値減少で戦闘移動10m未満になりがちなので、そういう場合は心強い選択肢だなと評価を改めつつあります。

《マルチウェポン》
宣言時=攻撃前に武器を選択するエフェクトなのでまだ武器化してないヴィークルの攻撃力は参照不可。
他武器との整合性は既存のヴィークルと全く変わらなくなりました。

バトルトレーラーからある「武器とヴィークルの攻撃力を同時に適用できるのか」って疑惑。
Ex) フォールンマシン+決闘者の剣+ヘヴィギャロップ(Dロ & 30点) →28ダメ
以下の大前提があります。
1. ヴィークルは武器じゃない=マルポンの武器枠を食わない
2. 《マルチウェポン》と《ヘヴィギャロップ》は組み合わせ可=両者の攻撃力がダメージロール時に存在

上記の辻褄を合わせるなら、《ヘヴィギャロップ》はヴィークルの攻撃力を<白兵>技能で「使用できる」エフェクトですから、《マルチウェポン》の武器2本分の攻撃力にヴィークルの攻撃力が上乗せされると考えられます。
現状否定材料もなく、ヴィークルが武器1本を所持している場合も同様の処理(Ex)になると思います。
フレーバー的にはヴィークルで剣振り回したら普通に振るより強そうだし、今まで火力が変わらなかった方がおかしいと言われたらせやなって。
それなら複数武器とヴィークルの火力を足してお手軽固定値確保したくなる、《マルチウェポン》。



《漆黒の拳》《漆黒の波濤》《ハイマニューバー》《渇きの主》《朱色の大斧》《銘なき刃》
《パワースイング》《死神の手》《ラバーアームズ》《大裁断》《咎人の剣》《暴食の神蛇》

《パワースイング》は適用可、それ以外は論外
上の裁定を有りにするとこいつらも話が通るんですよね・・・。
Q:《マルチウェポン》や《ヴァリアブルウェポン》で素手を装備していた場合、「素手でのみ使用可能」というエフェクトを使用できますか?
A:できません。
「指定武器以外の武器使ってた時点でアウト」引っかからないんだよなあ。
ヴィークル+武器(素手)なら武器は素手しか選択してないわけで、ヴィークル攻撃力を乗せた拳法ができる。
ヴィークル+ハドワイ武器ならガンダムよろしくマニューバアタック、その他も同様。
普通にかっこいい。



~追加項目~
《オーバーロード》《ギガンティックモード》《ストライクモード》《デトネイトチャージ》
ヴィークルが壊れる!?売りの装甲もどっか行く。
ちなみに《デトネイトモード》はタイミングが攻撃直前だからヴィークル攻撃力参照不可。


スチールギガント
搭乗中に装備している武器を使用不可ということは《ヘヴィギャロップ》以前に運転攻撃ができない。勝手に弱体化しました。

エピック
指定タイミングが任意なので武器化したタイミングで指定、ヴィークルに戻ったら強制解除.........???。

ぶっちゃけバグみたいになってるから早いとこ公式裁定が欲しいところ。
公式裁定がバグみたいですね。
とりあえず銀星号再現ビルドに精を出します。




本作は、「矢野俊作」「有限会社F.E.A.R.」が権利を有する『ダブルクロス The 3rd Edition』の二次創作物です。(C)矢野俊作/F.E.A.R.

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.