― Double Cross The 3rd Edition ―

ユドナリウムでdx3のGMをやってみた感想

普段はどどんとふむせるを使っているのですが、そろそろ移行を考えなければということで、初めてユドナリウムでdx3のGMをやってみた感想です。
半分自分用のメモみたいな感じで以下ちょっと辛口かも。
でも全体的に好印象でした。ほんとです。


▼環境
PLは3人、GMは1人、完全テキセ、ブラウザはchrome。
キャラコマ作成は前に作った奴、実験的にロイスメモも導入しました。


窓の配置は23.5インチワイドのディスプレイでこんな感じ

ユドナリウム34.PNG

右上に壁、床の画像変更欄、右下にインベントリ(イニシ表)とbgm、左にチャットログとメニュー。
舞台のテンプレはネットで画像漁って気になった奴が公開されてなかったので適当に作りました。
インベントリは「HP 侵蝕率 行動値 装甲値 財産点 ロイス」を表示の行動値順で

ユドナリウム35.PNG

こんな感じ、妥当だと思います。



▼気になった点
・3D表現
全部3Dでオンセというのは臨場感があり、新鮮でした。
PLも勝手に舞台からコマ下ろしたり上げたりしてましたし、AM3時、4時までかかっても誰一人寝落ちしなかった一番の要因かもしれません。
卓にのめり込める臨場感こそユドナリウムの一番の利点だと思います。

・地形
自由度がめちゃ高い可能性の塊です。
下から見ると透けて見えるのはちょっと不格好かなと思いました。
これを偉人方が最大限利用したテンプレはこちらのサイトで誰かがまとめてくれてます、感謝です。
地形を薄くして舞台の壁や床にしていたのですが、予め詳細を開いておくと画像変更がとてもスムーズでした。

・メモ
トレーラーやHO、情報などを舞台の横に置いてました。
角度も変えられますし使いやすいです。
ただ、メモを持つと持った位置がメモの底辺になる仕様は少しストレスでした。
あと、3Dの都合角度を付けると視認性が落ちますカーソルを合わせると2Dで表示されるようになりました

 ・ロイスメモ
実験の結果、使いやすいという声はありました。
ただメモの都合場所を取ってしまうのは問題です。
今回3人だったので大丈夫でしたが、5人以上に増えるとそうも行かない気がします。
常にキャラコマを開いててもらえば必要ない要素ですし、ディスプレイ・ハードウェア等環境によるのかも。
今回ぎゅうぎゅうに詰めて置いたので下に伸ばしたい人が苦労していました、要反省です。
導入理由は以下に書いてます。


・保存機能
部屋全部、各チャットタブ(内容込み)、キャラコマ、テーブル、地形、メモを保存できます。
これを使って卓中に放り込む隠しキャラや情報メモを用意するわけです。
ほとんど保存できますが、音楽と何か(キャラコマ、テーブル、地形、メモ)に設定されてない画像は保存できません。
背景等、日を跨ぐ毎に入れ直したくなければ、テーブル機能を使いこなすことで解決します。
PLさんがキャラコマに設定した画像を保存できるのはどどんとふにない機能で、地味に嬉しかったです。

・画像とbgm
ドラッグアンドドロップで適当にファイルを放り込むだけで勝手に入ってくれます。
特に音楽はどどんとふじゃリンクを張ったり最後尾を1にしたり面倒でしたから大喜びでした。
その分かはわかりませんが、問題が2つと少し。
1.削除不可・タグ無
一度入れたら削除できませんし、どどんとふのようにタグがありません。
隠したいキャラがいたら予め別途キャラコマを用意し、途中で放り込む必要あり。
それでも放り込むと必ずテーブルに出てきますから、出番が来たまさにその時に放り込まなければいけません。
また、この削除不可は操作ミスで違うものを入れたら、部屋ファイルをロードする以外修正できないことを意味します。
このせいで保険の保険みたいに用意するファイルが増えてしまいます。
2.並び替え不可
並び変えできません。
好きな順に入れたければ(特にbgm)1個1個順番に入れるか、
フォルダ側で01,02,03...と頭に番号を付けて並び替えた後、全部選択して、一番上のファイルを掴んで放り込む必要があります。
3. bgmが無限ループ固定
卓中は特に困らなかったのですが、ループ有り無しを選択できないのは個人的に気になります。
身内の中にはシーン終了時にパチンと気持ちいいbgmを鳴らしてくれるGMさんがいるのですが、ここでそれをやると無限にパチンパチン鳴ります。

・チャットログ
基本的にどどんとふと変わらない使用感です。
加えて、どどんとふむせるのように今誰が発言しようとしているかわかります。
そして、タブの設定から各タブのタブ名とログを保存できます。
ここでも問題がありました。
1.フォントサイズ変更不可
大きめのフォントサイズですが、フォントサイズが変えられません。
'Ctrl'+'-'で無理矢理頑張ればできますけど、他の文字は変えたくないなら困ります。
GMがPLの細かな宣言を見落とすと後に響くので、できるだけ見える行数を多く確保したいところ。
この仕様でかなり大きめにチャットログスペースを取ることになりました。
2.ログの可読性
タブの設定からタブ毎のチャット内容を保存できるのですが、改めて部屋に放り込むと遡るのが苦痛です。
どうも表示上限まで来る度に更新、表示しているらしく、チャットの行数が多いと全然最初の1行までたどり着きません。
部屋をユドナリウムで再現して過去ログを眺めようとするのは現実的じゃありませんでした。
過去ログを見るなら、タブ毎に保存したファイルをくまかばさん作のコンバータにかけることをお勧めします。
3. 文字色
文字色が黒で固定されているので、どどんとふのように文字色で判別はできません。
2. のコンバータにかけたログでは文字色が黒一色です。
判別のためにアイコンが存在しますが、全身画像を設定すると効果が薄いです。

・キャラコマ
キャラの画像がコマ上に立ち絵のように浮き出て見えるのでよりリアルです。
どうしても立ち絵がいいって人は気になるのかも・・・個人的にサイズ2のコマなら十分でした。
詳細には各種ステータス等を入れる枠を作ることが可能で、汎用性に富んでいます。
この汎用性を生かし、有志の方々がこちらのサイトでキャラコマ自動作成ツールを公開してくれています。
もし所望のシステムがなかったら作るか作ってもらうしかないです笑。
しかしここでも問題が・・・すいませんほんと。
1. アイコン
アプデで改善されました。
キャラコマの画像は立体的に見えるので、見栄えを鑑みるとキャラの全身画像を設定する人がいると思います。
ここで、キャラコマに設定された画像はチャットログのアイコンとして表示されるため、全身画像がアイコンになります。
めっっっちゃ判別しにくいです。
アイコンが霞んでキャラの顔がわからないって嫌じゃないですか?嫌じゃなければ問題ないです。
チャットの文字色が変えられない、立ち絵がない代わりのアイコンだと思っていたので、気になりました。
これは別途アイコン用のコマを用意すれば解決するんですが、今度はインベントリのコマ数が大変なことになります。
今は大人しく上半身まで切り取った画像を採用していますが、画像が浮き出て見える臨場感を殺してるように思えます。
キャラコマにアイコンを設定できる欄を切望します。

2.コマサイズ
コマサイズは浮き出てくる画像の横幅を決定するパラメータです。
どどんとふだと立ち絵の高さを一律に合わせたり見栄えが良かったのですが、
横幅を合わせると高さは合わず、顔の大きさ違うしで頭の痛いことになりました。
コマサイズを縦幅に適用し、横幅はコマからはみ出るなら素直にはみ出て欲しいです。
3.インベントリ表示
キャラコマのインベントリ表示を「共有」か「個人」か設定できるのですが、部屋を保存した後、改めて入れると「個人」は「共有」になってしまいます。
また、「個人」にキャラコマを設定した後で部屋を作成すると、インベントリの表示がバグるというか、「個人」が「共有」と表示されます。
インベントリの「個人」が特殊なんだと思いますが、知らないと二度手間だなって感じました。
アプデで改善されました


・チャットパレット
アプデでチャパレ窓1つで全キャラにアクセスできるようになりました。超感謝です。
チャットパレットはどどんとふと違い、キャラコマ毎に紐づいています。
また、開いたチャパレの数だけ窓が増えるため、複数のNPCが連続して喋るなら自然と画面を圧迫します。
この仕様が、今回卓進行の直接的な障害になってしまいました。
時短のためにGMが複数タブで同時に話を進めるのは常套手段だと思います。
ここで、タブ2つでNPCが計7人出る時のブラウザ画面をば

ユドナリウム36.PNG

地獄でした(小並感)。
実際やった時は焦ってたので、もっと各チャパレが入り乱れていました。
1シーンに出るNPC多い、複数タブするのが悪い、と言われたらそれまでなんですが、珍しい話じゃないと思うので・・・。
チャットパレットは、開くとタブ形式で既存のチャパレ窓に追加されていく形にした方がいいのではないでしょうか、と愚考します。
あと、チャットログで選択しているタブとチャットパレットで選択しているタブは別で、チャットパレットの初期設定では全てメインタブを選択しています。
チャットパレットからサブタブで喋らせたい場合は、サブタブに設定し直す必要があります。
そして、一度チャットパレットを消してもう一度開くとメインタブに設定し直されます。


・その他
ユドナリウムはサーバではなくユーザ間をP2Pで接続しているので、サーバ負荷を考える必要がありません。
どどんとふであった重すぎてカクついたり、通信が切れたりという煩わしさから解放されます。
極端にクソ回線な人がいるとラグが発生するらしいですが、身内では問題なかったです。
ここで、入室者数が0になるとその部屋の情報は全て消えるので、再度入室する場合は部屋自体を保存しておく必要があります。
また、作った部屋に入室してもらう時にはルームIDを教えるか、部屋名を教えてルーム一覧から探してもらうことになります。
ルームID入力が確実ですが、部屋を作り直すとIDも変わるので、日を跨ぐ場合は毎回教えなければいけません。
どちらの方法で入室してもらうかは一長一短だと思います。



▼前準備
上記を踏まえて卓を始める前にGMが準備保存した、よく使ったのは以下でした。
一部やり直せない操作を考えたらそりゃそうかってのばかりですが、
どどんとふと勝手が違って用意するものが増えたのと、自分が忘れないように。
項目多いですが、一度用意すると今後作らなくていい、困らないってのが多いです。
・デフォルト部屋
最初の部屋からキャラコマを消した奴。
試行錯誤中に一番使いました笑。
・テンプレ部屋
google画像検索で出てきた非公開テンプレ部屋の再現、一番時間かかったかも。
それでも作った奴は残念過ぎるのでもうちょっと手直ししたいです。
インベントリの表示項目と並び順はここで設定しとくこと。
メモ張り付ける地形の壁が何個かあると便利です。
今後もユドナでやるなら作っておくか、良いテンプレを探しとくべきです。
探すなら以下のサイトか、twitterかgoogleで検索。

・デフォルトコマ
エネミー用に「HP 侵蝕率 行動値 装甲値 移動 」の入力欄のあるコマ、
それ以外のNPC用に入力欄の全くないコマを用意しました。
デフォルト部屋と同じくNPCのキャラコマ作成に重宝しましたし、今後もユドナでdx3やるなら必要です。
ダイスボットをどちらもDX3にしておくこと。
・各NPCのキャラコマファイル
デフォルトコマを使ったキャラコマファイル。
シナリオが犯人当てのミステリみたいな感じで、誰を作る作らないと考えるのが面倒だったので各NPCのキャラコマファイルを全て作りました。
普通のシナリオなら、隠したいキャラ分だけ用意すればいいと思います。
エネミーにはチャパレも入力しておきます。
・情報メモ
そのまんま。
いきなり全公開するGMはいないので当然情報名と技能、難易度だけ。
フォント5で良いと思いますが、サイズはテンプレ部屋の地形によると思います。
・番号付きbgm
まとめてぶち込む用のbgmです。
bgmの頭文字に01. 02. 03. ...と番号を付けて、全選択でドラッグアンドドロップ。
たまに入れても音が鳴らない時があったのでPL入室前に確認した方がいいと思います。
・エンゲージ
パワポで作った赤い円の画像を張り付けた地形。
戦闘開始の度に放り込みました。
サイズは地形によります。
・白い画像
共有メモの画像に設定すると文字が読みやすかったです。
・舞台床用の画像
舞台(地形)の床用の画像を土みたいなのと畳の2つ。
シナリオが戦国時代笑だったのでこのチョイスです。
アスファルトとかフローリングとか色々あると思います。
思ったより臨場感出たのでお勧めです、変更も苦じゃありませんし。
・キャラ画像
キャラコマに設定する画像です。
コマのサイズは、画像の横幅を強制的にサイズ長に変換するので、縦<横の縦横比だと高さが心もとなくなります。
一人だけ顔の面積が半分のキャラとかちょっと嫌ですし、入れる前に要調整です。
・シナリオスタート用部屋
最初から公開するnpcを入れ、地形の壁画像、床画像、後ろの背景を良い感じの画像にした部屋。
注意として、ユドナリウムではコマのない者に発言権がない厳しい世界です。
アドリブで生えたモブに喋らせたければ、デフォルトコマを何個か入れておくと楽です。
キャラコマのインベントリ表示は共有か個人かって情報が保存されないので全部共有でいいです。アプデで改善されました
bgm、紐づけない画像も保存されないので入れなくていいです。
・前回の部屋
当然ですけど日を跨ぐ場合は保存しとくべきです。
前回のチャットログとかそのまま残りますし、消せませんけど、
よくよく考えればサーバ負荷考えなくていいので消す必要ないじゃんって逆に喜びました。




以上、ユドナリウムでdx3のGMをやってみた感想?でした。
UIに不足を感じましたが、それを補って余りある臨場感こそユドナリウムの強みだと思います。
現状、寝落ちされるリスクを最も抑制しているオンセツールではないでしょうか、革命です。
感想らしい感想を言えば、テーブル機能をロクに使えてないので、次回はチャレンジしたいです。
壁と床の画像の組み合わせを全部テーブルに保存すれば画像を毎回入れる手間もなくなりますし。
GMはもちろん、PLさんも楽しんでくれてた(と思う)ので、2020年以降の選択肢の一つです。
製作者のTKさんはどんどんアップデートを進めてくださっているので、1ユーザーとして今後を楽しみにしています。

※2019年2月26日時点の感想です。





本作は、「矢野俊作」「有限会社F.E.A.R.」が権利を有する『ダブルクロス The 3rd Edition』の二次創作物です。(C)矢野俊作/F.E.A.R.

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.