― Double Cross The 3rd Edition ―

【エピック レッドテンペスト】射撃 エンジェルハイロゥ/ブラックドッグ

滅びの刃をエピックして強いならレッドテンペストをエピックしても強いのではという安直発想です。結論まあまあ強かったです。
相性がいい《ポルターガイスト》、レッドテンペストの至近攻撃不可対策にエンゲージを跨いで殴れる戦闘移動エフェクトまで内定とし、残り経験点50点とDロイスで命中を確保し必要に応じて起点エフェクトを取得すれば実用ビルドになると思います。
今回は複数対象型です。

レギュレーション:130点, EA, LM, HR, RW, BC
シンドローム:エンジェルハイロゥ/ブラックドッグ
能力値:肉体2 感覚8 精神2 社会1
ワークス:UGNエージェントD
行動値:18
Dロイス:実験体
基本侵蝕:+5
《Cエンジェルハイロゥ》3
《ワンショットツーキル》3
《イオノクラフト》1 
《ポルターガイスト》
 アイテム:レッドテンペスト、エピック
余剰経験点:0
侵蝕率60%
《イオノクラフト》1+《Cエンジェルハイロゥ》3《ワンショットツーキル》3
9dx@7 侵蝕1+5、攻撃力26、対象2体、戦闘移動、HP-1d10
命中期待値 +29.8
ダメ期待値 +42.5
侵蝕率100%
《イオノクラフト》2《ポルターガイスト》+《Cエンジェルハイロゥ》4《ワンショットツーキル》4
11dx@7 侵蝕5+5、攻撃力52、対象2体、戦闘移動、ポルガイエピック、HP-1d10
命中期待値 +31.9
ダメ期待値 +74.0
▼説明
複数対象型は火力より行動値を重視すべきで、かつ対象拡大エフェクトを取得するため35点とDロイスで命中と行動値を確保する必要があります。
どちらもブーストするためDロイス【実験体】とエンジェルハイロゥを採用。
貴重なデメリットなし射撃起点兼対象拡大エフェクトの《ワンショットツーキル》とコンセで行動値18から当てに行きます。
過剰な行動値のおかげで使われてるのを見たことがない《幻影の騎士団》が成長先に入ってきます。
▼成長
《幻影の騎士団》《陽炎の衣》《鏡の盾》
サイドリール、技能




《ポルターガイスト》を前提に話を展開しましたがクライマックスの攻撃回数2回以下で敵を沈めてやれる卓では《オーバーロード》もありです。
起点兼至近攻撃不可対策に《零距離射撃》を据えるなら必要パーツ以外に65点使えます。(射程300mを捨てることになります)。





本作は、「矢野俊作」「有限会社F.E.A.R.」が権利を有する『ダブルクロス The 3rd Edition』の二次創作物です。(C)矢野俊作/F.E.A.R.

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.