― Double Cross The 3rd Edition ―

【発明品】ヴィークル用レールキャノンについて

Dロイス【発明品】でヴィークル用レールキャノンを取得、一見強そうですが使い辛く感じます。というかライバルが強い(後述)
ヴィークル用レールキャノンの問題は「ヴィークル搭乗が必要」と「至近攻撃不可」が両方同時に降りかかる点です。
そもそもヴィークル用レールキャノンは財産点か力の証で常備化し、FHのDロイスからスカイキッドとコーリングシステムを取得が主流であることは承知です。
今回はUGNで運用可能な【発明品】ということで軽く考察したあとビルドを作ってみます。

▼搭乗方法について
発明品ヴィークル用レールキャノンを前提としたヴィークルの搭乗方法を大雑把にまとめました。
セットアップ搭乗
コーリングシステム+アフターライフFHイシュー(21点)、コマンドモービル(30点)、エヴリシングレディ(30点)、原初の混沌(60点)
マイナー搭乗
《マルチアクション》系(15点)、《ヴィークルモーフィング》(15点)
例外
戦闘前搭乗(0点)
戦闘前搭乗可なら何も問題ないですが、それ以外は《零距離射撃》の取得次第になってきます。
経験点効率から見て、基本的に《零距離射撃》を取るならセットアップ搭乗、取らないならマイナー搭乗を推奨します
例外としてヴィークルが飛行状態になるものは《零距離射撃》非取得でもセットアップ搭乗の適正があります。
選択肢の中では《零距離射撃》+コーリングシステム(PE)+アフターライフFHイシューが一番安上がりになります。さすがFH。
上記を除けば 《ヴィークルモーフィング》+マイナー移動エフェクト と エヴリシングレディ+飛行ヴィークル の二つがヴィークルを別途用意せずに済むため最有力候補になります。
とはいえ経験点30ロスは見劣りするものになりそうです。
考えてて少し混乱したので注意ですが、《マルチアクション》系を一つ採用してもマイナーアクション中に行えるエフェクト以外の動作は一つです。

▼他射撃武器と比較
ヴィークル用レールキャノン最大の売りは回数制限のない武器攻撃力20だと思います。
それを前提として、個人的にヴィークル用レールキャノンと競合すると思う射撃武器は以下です。
◆レッドテンペスト
取得:経験点35
強み:ヴィークル搭乗の必要がなく攻撃力22
弱み:2つ以上の武器装備に向かない、経験点取得=エフェクト構成に制限がかかる
◆サイレントシーカー
取得:Dロイス【発明品】or【装着者】
強み:ヴィークル搭乗の必要がなく隠密状態に限り期待値ダメ21
弱み:隠密型に限られる(十分強い)、武器攻撃力自体は低い
◆必中の弓
取得:Dロイス【遺産継承者】
強み:ヴィークル搭乗の必要がなく至近攻撃も可能、命中達成値+10期待値ダメ16.5
弱み:武器攻撃力自体は低い
◆天の火
取得:Dロイス【財閥援助】
強み:100%ポルガイで攻撃力40の火力増強
弱み:クライマックスだけ、ポルガイと併用するなら《マルチアクション》系が必要
◆アンチマテリアルライフル
取得:Dロイス【発明品】
強み:100%ポルガイで攻撃力20の火力増強
弱み:クライマックスだけ
最後二つは?かもですが、メイン武器として使うにはデメリットが多いヴィークル用レールキャノンを《ポルターガイスト》専用武器にすればいいじゃんの選択肢に対する天の火アンマテです。特にアンマテとはどう足掻いても差別化できないので今回この選択肢は省きます。
これらと差別化を図る案として「武器以外の必要効果で経験点を使い切る」「マルポンヴァリポン」「ガード武器装備」、「非隠密型」、「エピック+ポルガイオバロ」を組み合わせることが挙げられます。
「非隠密型」「エピック+ポルガイオバロ」はほぼ確定で行きます。

◆セットアップ搭乗
レギュレーション:130点, EA, PE, HR, UG, BC
シンドローム:ノイマン/ウロボロス
能力値:肉体1 感覚1 精神6 社会1
ワークス:UGNエージェントC
行動値:8
Dロイス:発明品>ヴィークル用レールキャノン
《Cノイマン》3
《零距離射撃》3
《バレットワルツ》4
《白:オーバーロード》
アイテム:自転車、エピック、アフターライフ、FHイシュー、コーリングシステム(PE)、ウェポンケース
余剰経験点:0
侵蝕率60%
《Cノイマン》3《零距離射撃》3《バレットワルツ》4
6dx-3@7 侵蝕7、攻撃力36、射程至近
命中期待値 +22.7
ダメ期待値 +52.5
侵蝕率100%
《Cノイマン》4《零距離射撃》4《バレットワルツ》5《白:オーバーロード》
9dx-3@7 侵蝕12、攻撃力63、射程至近
命中期待値 +26.8
ダメ期待値 +79.5
▼説明
《零距離射撃》+アフターライフFHイシュー、「武器以外の必要効果で経験点を使い切る」「非隠密型」「エピック+ポルガイオバロ」。
《オーバーロード》を採用したのでクライマックスは攻撃2回までになります。
ノイマン採用が確定するとノイウロに走りやすいので楽です。
命中不足なので実際は《バレットワルツ》のレベルを下げて技能に振ることになりそうです。
ノイマンは優秀な成長先が豊富なので経験点を使わない【発明品】武器取得の恩恵がかなりあります。
▼成長
《コントロールソート》《虚構のナイフ》《灰色の脳細胞》《ブラックマーケット》《神機妙算》《フェイタルヒット》<射撃>サイドリール



◆マイナー搭乗
レギュレーション:130点, EA, HR, RU, BC
シンドローム:エンジェルハイロゥ/モルフェウス
能力値:肉体1 感覚6 精神1 社会1
ワークス:レネゲイドビーイングB
行動値:13
衝動:破壊
Dロイス:発明品>ヴィークル用レールキャノン
技能:<射撃>4<調達>2
《ヴィークルモーフィング》1
《光芒の疾走》1
《シールドクリエイト》3
《オリジン:プラント》5
《ヒューマンズネイバー》1
《デトネイトモード》1
アイテム:エピック、サイドリール、ウェポンケース
余剰経験点:0
侵蝕率60%
7dx+14 侵蝕0、攻撃力24+1d10、射程1000m
命中期待値 +26.8
ダメ期待値 +46.0
侵蝕率120%
《デトネイトモード》2
9dx+16 侵蝕3、攻撃力48+1d10、射程1000m
命中期待値 +29.8
ダメ期待値 +70.0
▼説明
《ヴィークルモーフィング》、「ガード武器装備」「非隠密型」「エピック+デトネイト」。
経験点30消費となればヴィークルの利点を無視するのは厳しくなります。
チェーンガンをマルポンするかガード武器を持つか。前者は命中がホントに死ぬので後者を推しましたが、それでもレネビとアージエフェクト採用まで追い込まれました。
改めて調べると経験点消費も財産点消費もロクなガード武器がなく、クリスタルシールドを《パワーアーム》越しに採用するとレッドテンペストに手が伸びるので《シールドクリエイト》を採用。
行動値13から《ヴィークルモーフィング》モーフィングカーで装甲8、《シールドクリエイト》でガード値10(12)、調達でUGNボディアーマー買えれば装甲+8。そこそこ耐えそうです。
悪くなさそうに見えて起点エフェクトがないので成長先が限られています。
またマイナーエフェクトの侵蝕上昇+8はメインプロセス後のため、戦闘開始時に必ず120%になってないといけないので状況次第ではジェネシフトしましょう。
▼成長
《シールドクリエイト》5《砂の結界》<射撃>
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.