― Double Cross The 3rd Edition ―

【単発シナリオ】鬼切の刃

▼レギュレーション
  • 経験点数:130+30(追加)+4(イージー)
  • ステージ:基本ステージ
  • サプリ:IC, EA, LM
  • プレイヤー人数:1~4人
  • プレイ時間:テキセで3時間
  • シナリオのあらゆる要素を改変可

▼トレーラー
世界は恐怖に包まれていた。
神出鬼没の鬼が街から街を練り歩き、屍の山を築く日々。
現地警察も当てにならず市民は夜も眠れなかった。
誰かが鬼を切らねばならない...!

ダブルクロスThe 3rd Edition『鬼切の刃』
ダブルクロス―――それは裏切りを意味する言葉

▼合同HO
ワークスorカヴァーどちらかUGN関係推奨
シナリオロイス:ジャーム
あなたは優秀なUGN関係者だ。
世界を騒がせる殺人鬼ジャームと因縁(※)があり、働きを期待されて討伐作戦に招集された。
だが半人前のUGNエージェントが顔合わせに乱入し、しかも作戦に参加することになる。
一抹の不安を抱えながらも作戦は開始され、見事成功した。
(※)因縁は自由。なくてもいい。








※※※以下ネタバレ※※※






▼キーワード
ジレンマ、復讐、鬼、鬼切りの古太刀、ファイトクラブ、梯子外し、ビターエンド、クソシナリオ

▼導入(登場:全員)
PCはジャームの討伐作戦に招集された。
作戦企画者がジャームと事件の深刻さを説明する。凄惨に描写すること。
説明が済んだところに突如UGNエージェントが乱入し作戦参加を志願する。
◆ジャーム
数年前から世界各地を騒がせている神出鬼没の殺人鬼
PCと因縁があり、かつ被害者は増える一方である。
UGNエージェント
目の前でジャームに親を殺されて憎悪に燃える復讐鬼
半人前なので優秀なPCを尊敬している
エージェントは自分がどれだけジャームを憎んでいるか熱弁し、腰の鬼切りの古太刀(LM.p.120)を見せてジャームとの対決で役立つはずだと自身を猛アピール
認めればPCが、最悪作戦企画者がエージェントの参加を許可する。


▼FS判定(登場:任意)
自己紹介が済んだらジャームを探すFS判定が始まる。
失敗するとジャームを見つけられずシナリオ終了
このFS判定にはエージェント参加する。行動値6、使用判定は一律3dx。
シーン数が少ないためイベント発生毎に交流を挟むことを推奨する。
エージェントがイベントを起こしたら尊敬するPCに合ってるか確認するなど、FS判定中に可愛げを演出すること。

FS判定が終了したら、エージェントが「ジャームの止めは私にやらせてください」とPCに頼み込む。
「親の仇を自分の手で討ちたい」自分の運命に決着を付けたい」と熱弁。
承諾するかはPCに一任し、承諾した場合はミドル戦闘のイベント(エージェントの行動)をPLに開示する。

◇FS判定『ジャームを探せ』
判定:情報(UGN)、難易度6、最大達成値30、完了値15
終了条件:(15/参加人数)ラウンド経過
ハプニングチャート:IC.p.24
◆進行値4:
ジャームが起こした事件について調べる。
人気の多い場所で大胆な殺戮を行った後、忽然と姿を消す行動を繰り返している。
消える現象は重力場の乱れから《ディメンションゲート》によるものと推測された。
ジャームの衝動が無差別の例は少なく、今回も傾向があると考えられる。
過去を突き止めれば何かわかるかもしれない。
以降の判定を難易度8に変更する。
◆進行値8:
ジャームの過去について調べる。
数年前、親から家庭内暴力を受けていた最中に殺戮衝動ジャーム化。
その場で家族を殺害したのち失踪、今に至る。
このため親そのものに強い殺意を抱いており、事件で最初に襲われたのも子連れの親だった。
次はこの情報を利用してジャームの居場所見つける必要がある。
以降の判定を知識(レネゲイド)、難易度10に変更する。
◆進行値12:
ジャームのおおよその居場所を特定する。
ディメンションゲート研究所の機材を使い、先の情報と直近の事件現場からワープ先の逆探知に成功した。
逃亡に使う《ディメンションゲート》も精鋭のPCなら、目視すれば宣言で破壊可能。
あとは現地でジャームの居場所を割り出すだけだ。
以降の判定を情報(UGN)、情報(噂話)、難易度6に変更する。
◆進行値15:
現地の調査で数分前、繁華街で親子をつけ狙うジャームらしき人物の目撃情報があった。
すでに事件は起きているかもしれない。急げ!
FS判定終了。


▼ミドル戦闘(登場:任意)
情報にあった繁華街へ行くと、親子1組らしき血の海に佇むジャームとそれを遠巻きに眺める野次馬を発見する。
PCに気付き《ディメンションゲート》で逃げようとするが宣言で妨害可能。
退路を失い逆上したジャームは鬼の形相で襲い掛かって来る。ミドル戦闘開始。
エージェントも戦闘に参加するが、半人前のため攻撃タイミングを見つけられず待機し続ける。

だがジャームが《蘇生復活》した直後からイベント発生
隙を見つけたエージェントが「今だ!」《加速する刻》鬼切りの古太刀でジャームを一閃する
ジャームは戦闘不能になり、エージェントは「おかげで仇を討てました」と晴れやかな笑顔礼を言う。
もしPCが《蘇生復活》後に何かしらの方法でジャームを戦闘不能にしたら、エージェントは止め宣言で攻撃しジャームを殺害。
返り血を浴びながら、同じく晴れやかな笑顔でPCに礼を言う。シナリオ終了


▼ジャームの真相(登場:全員)
戦闘終了後、ジャームは満身創痍ではあるものの毒気の抜けた顔でキョトンと生存。
周囲の惨状を見て「誰がこんなひどいことを...」と怯える様子に違和感を感じたPCは最大能力値で判定、難易度5を行う。
成功すれば優秀なオーヴァードの経験と直感で真相がわかる。
◆元ジャーム
ジャーム化は家庭内暴力に耐えかねて発現した第二人格【ファイトクラブ】によるものだった。
鬼切りの古太刀で【ファイトクラブ】を失ったジャームは無害な一般人に戻った。
倒したと思ったジャームの様子が激変したため、エージェントは身構えて何があったのか問う。
状況を説明すれば一時茫然とするが、我に返ると怒り狂い「そんな馬鹿な話があるか!」「逃げるのか!」「殺してやる!」と殺意を露わにする。
数年間の記憶がな元ジャームはわけがわからず戸惑うが暴力の空気を感じ、受けていた家庭内暴力と重ねてPCに泣きながら救いを求める
PCは不測の事態を収拾すべく責任ある決断を下す。
◆エージェントを止める場合
エージェントは復讐鬼のため人格が違う程度では到底納得できない。
目の前で親を殺したこの男/女の姿形が憎らしい鬼の形相で鬼切りの古太刀を震わせる。
本当に止めるなら復讐を賭けた殺し合いに発展する。
エージェント戦
戦闘中のエージェントにとって尊敬していたPCはもはや悲願を邪魔する殺意の対象でしかない。
倒すと死んだ両親の幻覚を視ながら力尽きる
◆エージェントを止めない場合
誰も止めない=元ジャームを見殺しにする、もしくは進んで殺そうとする状況を見かねた鬼切りの古太刀契約を破棄。
エージェントをフレーバーで戦闘不能にしたあと《魔王の玉座》で飛び始め、元ジャームの盾となり矛となる。
邪なものを嫌悪する鬼切りの古太刀は『人の心を持たぬ鬼どもめ』とテレパシーで糾弾しPCに刃を向ける。
鬼切りの古太刀戦
戦闘中は『復讐は何も生まない』『罪のない者を処すなど言語道断』『見殺すなどもってのほか』『それがわからぬから鬼なのだ!』と感情を無視した正論を展開する
倒すと鬼を切れなかった無念と共に砕け散る。


▼エンディング(登場:全員)
エージェントを止めた場合、元ジャームは保護されて作戦終了。エージェントの処遇はPCが決める。
エージェントを止めなかった場合、回復したエージェントが元ジャームを素手で殺害して作戦終了。
どちらもUGNに帰ると作戦成功を労われる。


▼エネミーデータ
あくまで一例です。好きに弄ってください。
◆ジャーム
HP100
シンドローム:キュマイラ/ブラム=ストーカー/バロール
行動値5
装甲5
侵蝕率120%
Eロイス:【ファイトクラブ】
《Cキュマイラ》3《鬼の一撃》2《鮮血の一撃》5《ブラッドボム》3《血の宴》3
14dx@7 攻撃力-5(ガード時+10)、範囲(選択)、1ダメ:HP-2d10
ガード値5 《パワーカバー》5
《蘇生復活》HP1で復活
《ディメンションゲート》
◆エージェント
HP200 - ミドル戦闘で受けたダメージ
シンドローム:キュマイラ/ハヌマーン
行動値6
装甲5
侵蝕律80%
アイテム:鬼切りの古太刀
《フルパワーアタック》1 行動値0、ダメ+5
《Cハヌマーン》3《一閃》《電光石火》3《獅子奮迅》3
10dx@7 全力移動最大22m、攻撃力15、範囲(選択)、HP-1d10
《復讐の刃》3 被至近攻撃時使用
4dx@7 攻撃力15、リアクション不可
イベイション15 目標達成値15以下で使用
ガード値3 鬼切りの古太刀
《加速する刻》1 ミドル戦闘で使用済みなら使用不可
◆鬼切りの古太刀
HP200
シンドローム:バロール/モルフェウス
行動値10
装甲5
侵蝕率100%
《加速世界》5 エネミー以外移動時HP-5d10
《インフィニティウェポン》3《ダブルクリエイト》
《Cモルフェウス》3《ギガンティックモード》《魔弾の射手》4《斥力の槌》5
7dx@7 攻撃力20、範囲(選択)、1ダメ:10m移動、移動:HP-5d10
イベイション15 目標達成値15以下で使用
ガード値5 《パワーカバー》5
《魔王の玉座》


▼あとがき
いくら伝家の宝刀【ファイトクラブ】でもやらかし次第で許せない人いるだろうってクソシナリオです。
HOで指定したPCの因縁はクライマックスの議論にPCが参加できる一番緩い条件です。だからなくても構いません。
少し鬱展開のシナリオなので、ストレスに感じたらエージェントを和解させてジャーム:ワイバーン出しましょう。





本作は、「矢野俊作」「有限会社F.E.A.R.」が権利を有する『ダブルクロス The 3rd Edition』の二次創作物です。(C)矢野俊作/F.E.A.R.

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.