― Double Cross The 3rd Edition ―

【転生者】からリミットエフェクトを取得できない話

少し前に議論した話を備忘録としてまとめました。
できないことしか書いてないので生産性/Zeroです。

▼問題
クロスブリードが【転生者】で取得した《オプティカルレンズ》1は《デトネイトチャージ》取得の前提条件を満たすか?

▼前準備
考えるには以下の情報が必要です。
「」で囲んでいるものはそれぞれが独立した別のルール用語として扱っています。

  • 基本ルルブ1.p.85-86から、「最大レベル」はブリードで変化しない。
  • HR.p.87のデモンズシード、DR.p.43のCランクIから、「最大レベル」が変化する場合は効果に明記されている。
  • EA.p.17から、リミットエフェクトは前提のエフェクトを「取得可能な最大レベル」まで取得していなければならない。
  • EA.p.17から、「取得可能な最大レベル」は「ブリードによる取得最大レベル」の影響を受ける。優先度は「ブリードによる取得最大レベル」>「取得可能な最大レベル」。
  • RW.p.55から、遺産継承者専用アイテムで取得するエフェクトの「最大レベル」は「ブリードによる修正」を受けない。

最大レベルと一口に言っても「最大レベル」「ブリードによる取得最大レベル」「取得可能な最大レベル」の3種類あることがわかります。
議論するときはどの最大レベルか意味を明確にしておかなければ混乱します。勘弁してくれ

  • 「最大レベル」:基本ルルブ1.p.95から、エフェクトレベルの上限。デモンズシード・CランクIなどの直接的に上下した「最大レベル」はこれに含まれます。
  • 「ブリードによる取得最大レベル」:EA.p.17にしかない固有用語。上述の通りブリードで「最大レベル」は変化しないため、特に記述がない限り「最大レベル」に優先する第二の最大レベルと考えられる。RW.p.55の「ブリードによる修正」と同義。
  • 「取得可能な最大レベル」:EA.p.17にしかない固有用語その2。デモンズシード・CランクIなどの直接的に上下した「最大レベル」はこれにも含まれます。「最大レベル」との差異である「取得可能」の厳密な定義が不明。

前準備終わり。
【転生者】の効果で取得したエフェクトは、キャラ作成段階で侵蝕上昇以外のあらゆる方法でレベルをあげることができません。
そのため冒頭の問題は以下のように具体化されます。

▼問題(真)
【転生者】のように物理的に「最大レベル」まで取得不可能な例は「取得可能な最大レベル」に該当するか?また、そのエフェクトはリミットエフェクトの前提条件を満たすか?


▼解答
「取得可能」の定義が不明なので問題(真)前半の解答は仮定するしかありません。
そうすると問題(真)後半の解答は該当する・該当しないで2パターン生まれます。
そして、どちらを仮定しても【転生者】ではリミットエフェクトの前提条件を満たさないと考えています。

仮定A.「取得可能な最大レベル」に該当しない
まだ取得可能である。不可能だけど。そういう仮定です。
「取得可能な最大レベル」とはすなわち「最大レベル」のことである。
【転生者】から「最大レベル」-3レベルで取得したエフェクトは「取得可能な最大レベル」未満のためリミットエフェクトの前提条件を満たさない。お終い。
この場合「取得可能な最大レベル」と「最大レベル」が同じ意味になるので「取得可能な」が混乱の元になっています。F.E.A.R.修正してくれ。

仮定B.「取得可能な最大レベル」に該当する
物理的に「最大レベル」まで取得できない上に「取得可能」の定義が明確でない以上、そのまま文章を受け取るならこちらでしょう。
仮にこちらでも【転生者】ではリミットエフェクトの前提条件を満たしません。
「取得可能な最大レベル」は「ブリードによる取得最大レベル」の影響を受けるからです。
分けておいて何ですがAとBは適用順の違いで、ほぼ差がありません。
以下具体例。前提条件:クロスブリード
  1. 【転生者】で《オプティカルレンズ》1を取得
  2. 《オプティカルレンズ》1の「取得可能な最大レベル」は【転生者】から1
  3. EA.p.17から、「取得可能な最大レベル(1)」は「ブリードによる取得最大レベル(3)」の影響を受けるため、「取得可能な最大レベル」が1から3に変化
  4. 《オプティカルレンズ》1のレベルは「取得可能な最大レベル(3)」未満のためリミットエフェクトの前提条件を満たさない


▼最後に
最初話を聞いたあとルルブEA読むと確かにできるじゃん!と喜んだものですが、1時間後にはできないじゃん!となりました。手の平ドリルの免許皆伝いいですか?
F.E.A.R.の人そこまで考えてないと思うよが一番怖いです。考えてるはず。








▼例外
だが、ここに例外が存在する―――。
効率的かはともかく【転生者】のエフェクトでリミットの前提条件を満たす方法は二つあります。
1つ目はキャラ作成段階で、常時エフェクト等で侵蝕率を100%以上にし、エフェクトレベルを「取得可能な最大レベル」まで上昇させること。
初期作成で可能な構成は皆目見当もつきませんが、追加点のある環境なら可能です。
帰還するためにはメモリーやドッジエフェクトなどロイス管理手段が必須。常時偏重構成特有の悪効率火力は受け入れましょう。
2つ目はステージ:アカデミアに限り、トライブリード【転生者】で「最大レベル(3)」の前提エフェクトを取得し、CランクIの効果「最大レベル」-1で「取得可能な最大レベル」を2から1へ落とすこと。
初期作成から可能で、Dロイスを使った踏み倒し経験点は20点分。
申し分ないですがステージが限定されるのは痛いです。
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.