― Double Cross The 3rd Edition ―

【狂乱の一声 アンプリケイション】交渉 ハヌマーン

レギュレーション:130点, EA, RW
シンドローム:ハヌマーン
能力値:肉体2 感覚2 精神2 社会3
ワークス:UGNエージェントD
行動値:6
Dロイス:申し子《アンプリケイション》3
技能:<交渉>4<調達>3
《Cハヌマーン》3
《狂乱の一声》1
《狂想の旋律》5
《援護の風》2
アイテム:メモリー
余剰経験点:0
侵蝕率60%
《狂想の旋律》5《Cハヌマーン》3《狂乱の一声》1《アンプリケイション》3《援護の風》2
6dx+4@7 侵蝕16、攻撃力31、命中:憎悪
命中期待値 +29.7
ダメ期待値 +47.5
侵蝕率100%
《狂想の旋律》6《Cハヌマーン》3《狂乱の一声》2《アンプリケイション》4《援護の風》3
9dx+4@7 侵蝕16、攻撃力40、命中:憎悪
命中期待値 +33.8
ダメ期待値 +62.0
▼説明
ハヌマーンには《狂乱の一声》《風の渡し手》などのソラリス交渉型互換のエフェクトがあり、交渉が稼ぎにくい高行動値に代わってイニシアチブに割り込める《スピードフォース》があるため交渉型の適性があります。
《狂乱の一声》を起点に採用したい=他選択肢を省くためにピュアハヌ。絶対恐怖ことやばマンは見飽きた。
無難にボスキラーで火力を出すビルド。憎悪はボスのヘイトをコントロール出来るおまけ程度です。
  • 《アンプリケイション》:係数5火力増強。ハヌマーンに交渉向けミドル火力エフェクトが《狂想の旋律》くらいしかありません。
  • 《コンセントレイト》:火力効率が最高なので外す理由はありません。《疾風迅雷》必中型や固定達成値型はサイレンでよくね?にもなるので意図的に回避。
  • 《狂想の旋律》:ミドル火力がまだ低いのでマシラより優先度高。使用後のマイナーで暴走を逐一解除すれば侵蝕+2は回避できます。これは逆にマイナーエフェクトを使用できない縛りにもなります。
  • 《援護の風》:命中ダイス不足を解決。ミドルの不安な判定でも使用します。
  • メモリー:侵蝕が重いので。気にならん人は《援護の風》かクライマックス火力伸ばしましょう。
あとは<交渉>優先で端数を<調達>。情報収集調達判定が多少楽です。
《アンプリケイション》が侵蝕重すぎ回数制限気になりすぎな場合は火力重視で【遺産継承者(雷神の槌)】が候補になります。
▼成長
《風の渡し手》がシーン1回なので侵蝕ボーナスも考慮すると《スピードフォース》はLv1で事足ります。
ミドル火力:デモンズシード+《アンプリケイション》4
複数対象:《スピードフォース》1《風の渡し手》
クライマックス火力:《マシラのごとく》
命中:《援護の風》<交渉>



《スピードフォース》がLv1で良い、ハヌマーンのミドル火力増強手段が乏しい、などから実際に無理のないハヌマーン交渉型は相方に火力増強を依存したクロスブリード【亜純血】が良いんだろうなと思います。
シンドローム:ハヌマーン/ソラリス
能力値:肉体1 感覚1 精神2 社会5
ワークス:UGNエージェントD
行動値:4
Dロイス:亜純血《スピードフォース》1
技能:<交渉>4<調達>3
財産点:16(すごい服orボイチェン用)
余剰経験点:0
侵蝕率60%
《Cソラリス》3《絶対の恐怖》5《神の御言葉》5 + 《スピードフォース》1《風の渡し手》3
6dx+4@7 侵蝕9(+7)、攻撃力30、装甲無視、対象1(+3)
命中期待値 +29.7
ダメ期待値 +46.5





本作は、「矢野俊作」「有限会社F.E.A.R.」が権利を有する『ダブルクロス The 3rd Edition』の二次創作物です。(C)矢野俊作/F.E.A.R.

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.