― Double Cross The 3rd Edition ―

【エピック レッドテンペスト】単体射撃 ブラックドッグ

レギュレーション:130点, EA, HR, BC
シンドローム:ブラックドッグ
能力値:肉体4 感覚2 精神2 社会1
ワークス:UGNエージェントD
行動値:6
Dロイス:自由枠
技能:<射撃>4
《アタックプログラム》6
《イオノクラフト》1
《ポルターガイスト》1
アイテム:エピック、レッドテンペスト、ウェポンケース
余剰経験点:2
侵蝕率60%
《アタックプログラム》6
3dx+16 侵蝕2、攻撃力26、射程300m、HP1d10失う
命中期待値 +25.7
ダメ期待値 +42.5
侵蝕率100%
《ポルターガイスト》《アタックプログラム》7
5dx+18 侵蝕6(2回目以降2)、攻撃力52、射程300m、HP1d10失う、武器破壊防止
命中期待値 +27.5
ダメ期待値 +68.5
▼説明
エピックポルターガイストで攻撃力が凄いレッドテンペストを砕くビルド。
前のエピックレッドテンペストの単体型です。

役割はボスキラー。
命中期待値は《コンセントレイト》3《アームズリンク》3と《アタックプログラム》6<射撃>4が同じなので固定値優先で後者を採用しました。
火力は足りてるのでDロイスは自由ですが、主に3つ有力候補があります。
《リザレクト》復活からお膳立て無しでも攻撃力+20以上できる《雷鳴の申し子》が成長の要になるので、それを考慮した解説も含みます。

・【申し子】
《セレリティ》の複数攻撃は《ポルターガイスト》との相性が最高です。
FAQに従えば複数攻撃してもHPを失う効果はメインプロセス終了時に1回しか適用されません。
侵蝕100%ならメインプロセス終了時HP1d10+8失い、タイタス復活のHP14から攻撃後1/2の確率で1回戦闘不能になります。覚悟しておけば無問題。
一方で《雷鳴の申し子》の記述「メインプロセス終了時にHPが0となる」がHPを失うFAQの適用外の可能性があり、その場合は1/2の確率で攻撃1回にロイス2つ使います。怖い。
Q:《ライトスピード》のように、1回のメインプロセスに複数のメジャーアクションを行なう場合、《電光石火》のように、メインプロセスの終了時にHPを失う効果はどのように適用しますか?
A:メインプロセスの終了時に、1回だけ適用してください。
・【対抗種】
ミドルから使えるボスキラー御用達無難火力増強。
将来的に《雷鳴の申し子》を使うなら最大HP-7の【遺産継承者(雷神の槌)】より優先度高。
《雷鳴の申し子》の記述「メインプロセス終了時にHPが0となる」がFAQの適用外でも、HP1d10+3失うの最高値13がタイタス復活HP14を下回ります。
侵蝕100%以上なら《雷鳴の申し子》を組み合わせてもロイス使用数は1つで確定。
稀な状況ですが、むしろHP14-13=1で綺麗に最高ダメージを出す可能性があります。

・【雷帝】
ミドルから使える火力増強その2。増強数値は対抗種を超えています。
侵蝕6とシナリオLv回の使用回数がネックで、初期作成だとミドルとクライマックスで1回ずつ使って終わりです。
元よりコンボ侵蝕が安いので、回数制限が気にならないなら対抗種より優先度高です。

▼成長
《雷鳴の申し子》《ハードワイヤード》
<射撃>、サイドリール



そろそろレドペン離れしたいです。





本作は、「矢野俊作」「有限会社F.E.A.R.」が権利を有する『ダブルクロス The 3rd Edition』の二次創作物です。(C)矢野俊作/F.E.A.R.

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.