― Double Cross The 3rd Edition ―

【単発シナリオ 陽炎の戦場】Dragon Buster

▼レギュレーション
  • 経験点数:130+30(追加)+4(イージー)
  • ステージ:陽炎の戦場
  • サプリ:EA, LM, HR, DR, (RW)
  • プレイヤー人数:2~4人
  • プレイ時間:テキセで8~10時間
  • シナリオのあらゆる要素を改変可

▼特殊ルール
本シナリオは空で楽しくドッグファイトが目的です。
しかし実際に飛行状態になるデータは少なく、可能なビルドが限られます。
そのため、データ的に意味のない飛行ヴィークルジェットパックイージーエフェクトなどで理由を付けて、演出上は高速で空を飛んでもらいます。
例えばフォールンマシンに搭乗するビルドなら、そのマシンは演出で空を飛びます。
DR.p.134の飛行ヴィークルに搭乗、《斥力跳躍》《鷹の翼》など、データ的にも飛行状態になる拘りがPLにあれば、演出もそちらに優先します。
演出の都合で、戦闘距離と射程の単位は1m→1kmに変更します。

▼トレーラー
Caution...Caution...Caution...。
時刻未明、クロドヴァの空は" 龍 "に襲われた。
異質なパルス音を掻き鳴らし、謎の赤光で人々を蹂躙する。
だが容赦のない災禍は、砂漠の陽炎の逆鱗に触れた。

ダブルクロスThe 3rd Edition『Dragon Buster』
ダブルクロス―――それは裏切りを意味する言葉

▼HO
・PC1
ワークス:自由/カヴァー:デザートミラージュ
シナリオロイス:隊長
かつて、あなたは正規軍の戦闘機乗りだった。
小隊長に尻を叩かれながら訓練と実戦を繰り返す日々。
だがある日、敵のエースに小隊が壊滅させられ、あなただけ覚醒する。
そして軍から引き抜かれ、超人だけの傭兵部隊"デザートミラージュ"に入った。

・他PC(合同)
ワークス:自由/カヴァー:デザートミラージュ
シナリオロイス:エミール・C・カンテミール
あなたはミラージュの中でも空のエキスパートだ。
部隊の司令官エミールから司令室に呼び出される。
正規軍の拠点カルタナが、ラゼラム軍の新型戦闘機に攻め落とされたという。
進行を続けるラゼラム軍を止めるため、新入りのPC1を連れて出撃しろと命令が下る。


▼キーワード
一本道、龍、戦争、空、戦闘機、ドッグファイト、ヒロイン不在










※※※以下ネタバレ※※※










導入1(登場:PC1)
▼出撃
小隊訓練を終え、皆でご飯を食べていると敵襲の警報が鳴る。
隊長の命令で小隊が出撃したらシーン終了。
◆隊長(性別・年齢自由)
時に厳しく時に優しい小隊長。戦闘機の操縦が上手。空を飛ぶのが大好き

▼引退
◆前情報
敵エースの活躍で小隊は全滅し、五体満足で帰還できたのは覚醒したPC1だけだった。
PC1は軍から引き抜かれ、超人傭兵部隊デザートミラージュへ配属された。

出撃から一ヶ月後。登場で侵蝕上昇1d10
PC1以外に隊長だけは生還できたが、手足を欠損したためパイロット生命を断たれてしまった。
隊長は「私の分も飛んでくれ」とPC1に檄を飛ばして軍を去る。
引き留めると「飛べる連中を見るのが辛い」とやんわり断る。

導入2(登場:他PC)
エミールから司令室に呼び出される。
正規軍の拠点カルタナが敵国ラゼラム軍に攻め落とされたという。
戦局を変えたのは敵の新型戦闘機ということまでわかっている。
ラゼラムはアレイヘムを攻撃するため、カルタナに隣接する商業都市ギレリスへ進行している。
阻止には人手が必要なので、新入りのPC1も連れて今すぐ出撃しろと命令される。
◆エミール・C・カンテミール(男、34歳)
DR.p.138収録。デザートミラージュの司令。クロドヴァが大好き

ギレリス防衛戦(登場:全員)
ギレリス上空まで来ると、カルタナ方角に巨大な空中要塞を視認する。
そこから恐ろしい速度で出撃してきた新型戦闘機とミドル戦闘開始。
エネミー構成は隊長機、僚機トループ×(PC人数-1)。計3体以上なら隊長機と僚機のエンゲージを分ける。

新型戦闘機の挙動は有人機と思えない俊敏さで、正規軍が負けたのも納得できる。
隊長機が戦闘不能になると《蘇生復活》を使用し復活。
その直後、無線が混線し「その飛び方、PC1か?」と加工音声が聞こえてくる。
PC1の返答に関わらず、隊長機と生き残った僚機は《瞬間退場》でカルタナの空へ撤退する。戦闘終了。
深追いしようとするとエミールから強い口調で制止がかかる。

情報収集(登場:任意)
地上でエミールに労われた後、状況の説明を受ける。
カルタナへ向かったミラージュの地上一個中隊が正体不明の攻撃で撤退を余儀なくされたという。
敵を知り、作戦を立ててカルタナ奪還に臨むべきとエミールが主張。
そのため、デザートミラージュは陽動を交えた敵戦力の調査を開始する。
全情報項目を開示したらシーン終了。
◆空中要塞:情報(ミラージュ)6、情報(クロドヴァ)6
中心部から正体不明の赤い粒子を撒き散らし、地上の人々を見境いなく殺戮している。
長距離射撃を無力化する迎撃システムを有し、中心部に近づけば高濃度な粒子の弾幕がある。
唯一、要塞真上は粒子が薄く迎撃も甘いが、そこには新型戦闘機が防衛網を敷いている。
→情報項目「赤い粒子」追加
◆新型戦闘機:情報(ミラージュ)6、情報(軍事)6
開発コード"DF-7ドラゴン"
有人限界を超えた速度と鋭角飛行能力を有する(最大行動値18)。
武装は赤色レーザー砲、EXハイマニューバミサイルの二種(最大攻撃力20)。
鹵獲した機体には"PDS"という未知のシステムが搭載されていた。
→情報項目「PDS」追加
◆赤い粒子:情報(ミラージュ)8、知識(レネゲイド)6
《レネゲイドキラー》《流血の胞子》の融合物質。
一般人はもちろん、オーヴァードにも負担を強いる危険な代物。
これのせいでミラージュは進行できずにいたが、正体が分かれば対策もできる。
→対粒子コーティング完了。上空に限り《レネゲイドキラー》10→1《流血の胞子》5→1
◆PDS:情報(ミラージュ)8、情報(クロドヴァ)8、情報(軍事)7、情報(噂話)7
ルカーン財団がラゼラムに提供した新技術"Pysco Dakium System"。
ダキウム鉱石の感応特性を利用し、近くに生体脳を配置して鉱石の力に指向性を持たせる。
生体脳は志願者から摘出しており、名簿の中には隊長の名前もあった。
→トリガーシーン「隊長の真意」発生

隊長の真意(登場:PC1, 任意)
PC1のプライベート端末に非通知の通信が入る。
相手は加工音声で隊長を名乗る。PC1は事前の情報と喋り方から本人だと確信できる。
隊長は先日自分たちを撤退させたPCの練度を称えた上で、クロドヴァの空を賭けてPCと本気でドッグファイトしたいと言う。
もし次の出撃でPCが来なかったら今度こそギレリスを焼野原にすると脅迫、そこから通信状況が悪くなる(ノイズが入る)。
PCから何か聞くことがあれば、それに答えたあと通信が切れる。
開示されてない情報項目については隊長も知らない。
◆隊長(?)
脳だけになった隊長。空を飛ぶのが大好き
クロドヴァへの愛国心は皆無昔以上に飛べる体にしてくれたラゼラムに感謝しており、飛び続けられるならラゼラムの命令は何でも聞く。
ラゼラムに今の自分と同等以上に飛べる人材がいないため、優秀なPCと飛びたがっている。
軍属の敵同士で、自分は要塞を守ってるので、一緒に飛ぶ時は殺し合いになることも理解している。
命令の次に空を楽しむことを優先する。頭がおかしくなっている。

ブリーフィング(登場:全員)
デザートミラージュが全員集まり、エミールからカルタナ奪還作戦の説明を受ける。
  1. 空中要塞唯一の隙、手薄な上空からPC小隊が攻撃を仕掛けて要塞を墜とす。
  2. 粒子濃度が薄まるのを待った後に地上部隊が進行、カルタナを制圧する。
要塞を守るドラゴンが作戦最大の障害のため、エミールは「お前たちに全てが懸かっている」とPCにプレッシャーをかけ、意気込みを聞く
特にPC1には「本当に元上官を殺せるか?」と立場をはっきりさせる。
PCのやる気を確認したらかっこよく作戦開始を演出し、PCを出撃させる。

Dragon Buster(登場:全員)
空中要塞上で待ち伏せていたドラゴンとクライマックス戦闘開始。
エネミー構成は隊長機、僚機トループ×(PC人数-1)、空中要塞。
空中要塞はドラゴンの5km後方に配置しエンゲージを分ける。

ラゼラムの命令に従い、ドラゴンは空中要塞が先に撃墜されても玉砕覚悟で戦闘を止めない。
無線が混線しまくり、撃墜された僚機は「ラゼラムに栄光あれ!」など狂った奇声を上げて爆散。
隊長機は戦闘中にも関わらずPCの飛び方を称賛、ダメ出し、驚嘆するなど、まるで子供のように楽し気に空を飛ぶPCを戦闘不能にすると狂喜する。イメージは格ゲーマー
倒すと本気で飛んでくれたPCへの感謝の意を口走りながら、ドラゴンと共にカルタナの空に散る。

戦闘終了後にアレイヘムへ凱旋したらシーン終了。

エンディング
カルタナからラゼラム軍が撤退し、クロドヴァに束の間の平和が訪れる。
今回ヒロイン不在なので、PCが戦って良かったと思える真っ直ぐなイベントが望ましい。
以下数例
  • 見知らぬ少女から「守ってくれてありがとう」と感謝の花束をもらう。
  • ミラージュの中でも一目置かれ始め、食堂で好意的に弄られる。
  • 新しく配属された空を飛ぶのが好きな後輩と、一緒に平和な空を飛ぶ。

エネミーデータ
ミドルとクライマックスのエフェクト使用回数は共有しません。管理が大変なので



雑談
去年回した奴を少し改造しました。
当時はDXでマクロスプラスごっこしたいって躍起になってた気がします。ガルドかっこいい。
でもbgmはエースコンバットで固めてた気がします。Zeroかっこいい。

見出し機能を完全に理解しました。
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.